【プロレスリング・ノア】豪腕炸裂!潮崎豪・清宮海斗組がGLOBAL TAG LEAGUE 2018を制す!ジ・アグレッションの持つタッグベルトに挑戦へ!<4.11後楽園大会>

4.11、東京・後楽園ホールにて行われたGLOBAL TAG LEAGUE 2018。優勝決定戦に進んだのはリーグ戦1位の杉浦貴・拳王組とリーグ戦2位の潮崎豪・清宮海斗組。公式戦では4.7大阪で対戦しており、30分フルタイムドローとなっている。そして、4月9日横浜ラジアントホール大会にて「中途半端なレスラータッグ」と拳王に言われた潮崎は「確かに俺たちは中途半端なタッグだ。でもな、それ以上に先があんだよ。その先を見せて、完成された強さ、お前たちに見せてやる」と対抗していた。

ムードとしては押されながら迎えた、優勝決定戦では両タッグの意地がぶつかり合う激しい展開となったが、最後は鬼の形相を見せた潮崎が拳王を豪腕ラリアットで沈め、GLOBAL TAG LEAGUE 2018を制した!

試合後には中嶋勝彦・マサ北宮の持つ、GHCタッグのベルトへの挑戦を力強く清宮が宣言し、二人もこれを了承した。

『GLOBAL TAG LEAGUE 2018』
日時:2018年4月11日(水) 開場:18:15 試合開始:19:00
会場:後楽園ホール
観衆:830人

GLOBAL TAG LEAGUE 2018優勝決定戦 時間無制限1本勝負
<リーグ戦2位>○潮崎豪&清宮海斗 vs <リーグ戦1位>杉浦貴&×拳王
26分00秒 豪腕ラリアット→体固め
※潮崎豪&清宮海斗組がGLOBAL TAG LEAGUE 2018 優勝。

※連続写真でご覧下さい。

⇒次ページより試合開始

プロレスTODAYの申し子

プロレスTODAYの編集部員!
各団体の情報をどんどんアップしています。
こよなくプロレスを愛してま~す!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連記事

Pages 1 2