【プロレスリングWAVE】飯田美花が仲間に見送られ引退!「私はまわりに恵まれたなと思っています。辛いこと以上にまわりに幸せにしてもらいました。」<5.4後楽園大会>

2018年5月4日(金・祝)東京・後楽園ホールにて開催された『Catch the WAVE 2018~波女決勝戦~飯田美花引退「ごちそうさまでした!」』にて、飯田美花が引退試合を行い、8年のレスラー人生に幕を下ろした。

飯田美花引退試合~ごちそうさまでした!~(時間無制限1本勝負)
●飯田美花&桜花由美&長浜浩江
vs
○山下りな&小林香萌&夏すみれ
26分47秒 ラリアット→エビ固め

※レスラー人生を振り返りを聞きながら涙ぐむ飯田

最後のコメント

飯田「本日はたくさんのご来場ありがとうございました。プロレス界に飛び込んで8年、自分でも怪我の多い選手だったと思います。最後の最後まで怪我に泣かされるとは思っていませんでした。大事な物を失ったし、辛いこともたくさんありました。でもこんなに先輩、後輩、スタッフの皆さんに支えて頂き、家族、友達、たくさんのファンに応援して頂いて、私はまわりに恵まれたなと思っています。辛いこと以上にまわりに幸せにしてもらいました。好きだったプロレスがもっともっと好きになりました。私は今日でプロレスを辞めますが、いちプロレスファンに戻りたいと思います。今まで本当にありがとうございました。」

※飯田の希望により、10カウントゴングはWAVEの選手が一人づつ叩いていった。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事