【長州力プロデュース興行】長州力が来年での引退を宣言「リングに上がるのが怖くなった」

7月10日(火)長州力プロデュース興行「POWER HALL 2018 -Battle of another dimension-」第2回大会が、東京・後楽園ホールで開催され、メインの6人タッグ戦に長州は関本大介(大日本プロレス)、ヨシタツ(フリー)と組んで登場。

全日本プロレスの秋山準との初対決が注目されていた。秋山組は橋本大地(大日本プロレス)、黒潮イケメン二郎(W-1)

しかし試合は、秋山へラリアート、サソリ固めを仕掛け会場を沸かせる場面もあったが、その直後に秋山のニーリフトを受け、まさかのスリーカウントで敗北。

秋山と握手を交わし、何も語らずリングを降りた。

試合後のインタビューにて長州は「試合に向けてトレーニングするのがもうしんどい。古傷も辛くなっている。リングに上がるのが怖くなった。正式な発表はしないけれど、来年は少しオファーが残っているのでそれを終えたら、もう十分」と来年での引退を表明した。

そしてさらに「相手を抱えるのがもうしんどい。小さい相手でも上がらなくなった。それは今年初めから痛感していた。このままナメてかかってたら何かが起きる。体力が半分でも残っているうちに辞めたい。残りの人生でやりたいこともあるしね。じゃあそういうことで、あとは若い二人の話を聞いて下さい。」と言葉を残し、控室へ去っていった。

プロレスTODAYの申し子

プロレスTODAYの編集部員!
各団体の情報をどんどんアップしています。
こよなくプロレスを愛してま~す!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連記事