【WWE】アスカ、勝利もスプレー&スーパーキックでダウン

現地時間7月11日、ニューハンプシャー州マンチェスターでスマックダウンが開催された。

©2018 WWE, Inc. All Rights Reserved.

◆アスカ、勝利もスプレー&スーパーキックでダウン

PPV「エクストリーム・ルールズ」でカーメラとの女子王座戦が決定しているアスカが、カーメラの手下ジェームス・エルズワースとランバージャック形式での男女対決に挑んだ。

8人の女子スーパースターがリングを取り囲む中で「俺はアスカと闘う準備ができている」と意気込むエルズワースだったが、アスカと向かい合うとすぐさま場外に逃亡。しかし、ベッキー・リンチに捕まってリングに戻されると、エルズワースはアスカに攻撃を待つように懇願。

「無理じゃコラ」とアスカはヒップアタック、さらに強烈なヒザを叩き込むと再びエルズワースは逃亡。しかし、ここでエルズワースを捕まえる女子スーパースター達同士が乱闘となってしまう。その隙にカーメラが隠し持っていたスプレーをエルズワースに手渡すが、アスカはお構いなしにソバット、さらにアスカロックでエルズワースを捕まえるとタップを奪って快勝した。

試合には勝利したアスカだったが、試合後エルズワースにスプレーを吹きかけられると、カーメラからスーパーキックを食らってダウン。カーメラはベルトを掲げて自身がチャンピオンであることをアピールしてリングを後にした。

PPV「エクストリーム・ルールズ」は日本時間7月16日にWWEネットワーク(日本語実況版有り)で生配信される。

プロレスTODAYの申し子

プロレスTODAYの編集部員!
各団体の情報をどんどんアップしています。
こよなくプロレスを愛してま~す!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連記事