【WWE】シールドが2度襲撃もGMの策略で返り討ち

米国現地時間9月3日、オハイオ州コロンバスでロウが開催された。

©2018 WWE, Inc. All Rights Reserved.

◆シールドが2度襲撃もGMの策略で返り討ち

ロウオープニングでブラウン・ストローマンとドルフ・ジグラー&ドリュー・マッキンタイアが登場すると、因縁のシールドを挑発。

PPV「ヘル・イン・ア・セル」でレインズと対戦が決定しているストローマンは「誰も入ってこれないセル戦で俺がユニバーサルを手に入れる」と王者に勝利宣言すると、ジグラーは「シールドに代わって俺たちが支配してやる」と意気込んだ。すると、そこへシールドが観客席から現れて乱闘に発展。

バロン・コービンGMがスーパースター達に指示してシールドを止めるも、その勢いは止まらず、最終的にシールドは警察に手錠で拘束されて連行されてしまう。しかし、保釈金を支払ってメイン戦後に再登場したシールドは再びストローマンら3人と対峙するも、背後からスーパースター達の襲撃に合って多勢に無勢。シールドは徹底的に痛めつけられて完全KOとなった。

PPV「ヘル・イン・ア・セル」は日本時間9月17日にWWEネットワーク(日本語実況版有り)で生配信される。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事