【WWE】戸澤、タッグ戦で無念のタップアウト負け

現地時間9月11日、ルイジアナ州ラファイエットでスマックダウン、205 Liveが開催された。

©2018 WWE, Inc. All Rights Reserved.

◆戸澤、タッグ戦で無念のタップアウト負け

205 Liveで戸澤陽がクルーザー級王者セドリック・アレクサンダーとタッグを組んで、ドリュー・グラック&ジャック・ギャラハー組と対戦した。

戸澤は騙し討ちパンチをグラックに決めると、サッカーボールキック、セントーン、さらにオクトパスホールドと得意の攻撃パターンに持ち込んだ。

しかし、グラック&ギャラハーの巧みなチームワークに翻弄された戸澤とアレクサンダーは決定打を決めることができず、戸澤が得意のダイビングセントーンをギャラハーに避けられると、ギャラハーのヘッドバット、さらに交代したグラックにドラゴンスリーパーを決められて無念のタップアウト。

試合後、ドレイク・マーベリックGMは次週、王者アレクサンダーとグラックのクルーザー級王座を賭けた直接対決を決定した。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事