【WWE】ストローマン、ビンス会長のリムジンを破壊して王座挑戦権を剥奪される

米国現地時間114日、テネシー州メンフィスのフェデックス・フォーラムにてロウが開催された。

©2019 WWE, Inc. All Rights Reserved.

ストローマン、ビンス会長のリムジンを破壊して王座挑戦権を剥奪される

巨獣ブラウン・ストローマンがビンスのリムジンを破壊してPPV「ロイヤルランブル」でのブロック・レスナーへの王座挑戦権を剥奪された。

ロウオープニングに登場したブラウン・ストローマンは「俺はロイヤルランブルでユニバーサル王座を手に入れる」とレスナーに対して勝利宣言をすると、突如ステージに現れたバロン・コービンと舌戦を展開。

コービンが「お前じゃレスナーは倒せない。皆をがっかりさせるだけだ」と挑発すると、怒ったストローマンはバックステージまでコービンを追いかけた。

ビンス・マクマホン会長のリムジンに隠れ込んだコービンを見つけたストローマンはパイプで窓を割ると、なんと鍵の掛かったドアも無理やり破壊してしまう。

これにビンスが「俺の車になんてことをしてくれたんだ。修理代は10万ドル(約1000万円)掛かるぞ」と激怒すると、さらにこれに反論したストローマンの王座挑戦権を剥奪。

納得のいかないストローマンはリムジンを力任せにひっくり返してその場を後にした。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事