【WWE Live Tokyo】<カイリ・セイン会見>中邑真輔とアスカはお兄さん・お姉さん パフォーマンスの参考になるのはトリプルH 

29日、WWE日本公演『WWE Live Tokyo』の2日目の試合前に前日、ジ・アイコニックスを破り、WWE女子タッグ王座への挑戦権を獲得した‟カブキ・ウォリアーズ”のカイリ・セインが会見を行った。

会見の概要は下記の通り。

ーー久々の日本ですが楽しみにしてきたことは?

カイリ「両国での試合。6月でWWEに所属してちょうど2年。こうして自分がスマックダウンに所属してアスカさんと組めるてるなんて想像もしてなかったです」

ーーNXTからスマックダウンにあがってきて景色の違いはあるか?

カイリ「NXTもロウもみんなうまいしシビア。飛び抜けるのは大変。スマックダウンやロウの方がよりファミリー層向けにライトな人々にも楽しんでもらえるようにしている印象があります」

ーースターダムの時代も含めて日本とアメリカのファンの違いは?

カイリ「どっちもプロレスが大好き。その中で日本人は内に秘めてちょっと引く印象。アメリカ人は飛んだり跳ねたり感情が溢れるイメージ。でも昨日は日本のお客さんも本当に楽しんでいましたね」

ーータッグとしてチャンピオンシップに挑んでいくことになるが?

カイリ「昨日の試合がチャンピオンシップでもよかったと思う。でもプロレスはステップを踏んだ方が楽しいと思うので。アメリカに帰ってまたチャンピオンシップが組まれるかと思います」

ーーアスカとのタッグはどうか?

カイリ「パッションが溢れる人。プライベートも一緒にいるので。日本では団体も別で絡みがなかったが、試合についても中邑真輔さん含めてアドバイスをくれて、良きお兄さん、お姉さんといった感じです」

ーーアドバイスは具体的にどんなことを?

カイリ「表現の仕方について。格好つけなくていいとか、どんくさくてもOKとか。アスカが強いイメージなので逆にそのままの方が引き立つとか…」

ーー英語はどの位マスターできているか?

カイリ「日常生活は困らない位できるようになっています。でもインタビューなどは普段の言葉とは違うので。色々な質問にも対応できるようにより英語力を磨く必要があります」

ーー紫雷イオとのスカイパイレーツとアスカとのカブキ・ウォリアーズの違いは?

カイリ「イオさんとは日本でも長く組んでいて、ハイフライヤーで連携技は雑技団の様にたくさん考えてきた(笑)カブキ・ウォリアーズはその名の通りウォリアーズ(闘士)っていう感じ。2人とも負けん気が強いし、やられてやられてウワーっていく感じです」

ーー昔と比べてWWEで女子のポジションが上がってきてますが歴史を作ってる意識はある?

カイリ「向こうに渡ったタイミングがメイ・ヤング・クラシックが創設された時でウーマンズヒストリーを作る意図を強く感じている。パフォーマンスセンターでも全日本やノアの四天王プロレスを見てみんな勉強しています」

ーーアメリカで学んだことは?

カイリ「アメリカでは今から試合でてとか。この後、チャンピオンシップとかいきなり言われる。度胸がないと無理。チャンスは1度きり。その点は日本で色んな先輩にしごかれた経験が生きている。違う点はショー的要素。間の取り方やアピールの仕方の違いがあります」

ーー参考になる選手はいるか?

カイリ「全員が参考になる。とりわけトリプルH。NXTでもボスで彼はストーリー性を常に大事にしている。Tell a Story(ストーリーを伝えろ)とよく言っていて、感情や戦う部分を伝えろと言われます」

ーーカブキ・ウォリアーズという名前についてはどう思っているか?

カイリ「最初聞いたときは、オヤ?と思ったが、AKB48も落ち着いて聞けば最初は変な名前だったものが定着してなじんでいる。カブキ・ウォリアーズも名前をなじませていければ。アメリカではカタカナブームが来ていて、選手のコスチュームにもカタカナとか入っているので」

ーー今日の試合の見所は?

カイリ「試合に出るかどうかまだ不明だけど、出たらインセインエルボーで決めたいと思う」

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事