【WWE】中邑、ゼインと共に因縁のアリをキンシャサ葬

現地時間9月17日、ジョージア州アトランタのステート・ファーム・アリーナでスマックダウンが開催された。

©2019 WWE, Inc. All Rights Reserved.

◆中邑、ゼインと共に因縁のアリをキンシャサ葬

IC王者中邑真輔とパートナーのサミ・ゼインが因縁のあるアリとリングで対峙した。

ゼインは「アリは中邑との試合で勝利したことがあるが、俺とパートナーを組む前の話だ。確かにアリの能力は高いがチャンピオンになることはない」と言って中邑と2人で取り囲むと、警戒したアリは中邑にエルボーを放って先制。

するとゼインがすかさずアリの足を掴むと、中邑もヒザ蹴りを放ってターンバックルに叩き付けた。

©2019 WWE, Inc. All Rights Reserved.

さらに中邑はふらつくアリに止めのキンシャサを炸裂させると、倒れ込んだアリを上から見下ろし自身のIC王座ベルトを掲げた。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事