【リアルジャパン】9.19 後楽園 レジェンド王座は藤田が奪取!次回挑戦者は船木誠勝か?全試合結果

19日、東京・後楽園ホールでリアルジャパンの「ストロングスタイルプロレスVol.3」が行われた。メインでは藤田和之がスーパータイガーよりレジェンドチャンピオンシップを奪い14代王者となった。

試合前、新間寿会長がお孫さんを伴ってリング上でアブローラーをする様をみせ元気さをアピールした。

 

全試合結果は下記の通り(連続写真でご覧ください)

1.30分1本勝負

○日高郁人&間下隼人 vs ブラック・タイガー●&ドリュー・パーカー

10分2秒

ショーンキャプチャー

 

2.30分1本勝負

○崔領二&倉島伸行 vs 雷神矢口&山本SAN●

13分38秒

※赤川鉄橋→エビ固め

崔は客席に合ったとんがりコーンで攻撃

最後もとんがりコーン!と叫びながらの赤川鉄橋

破れた雷神矢口は浅草プロレスをマイクで宣伝

 

3.UWAアジアパシフィック選手権試合(30分1本勝負)

【王者】●岩崎孝樹 vs 将軍岡本○【挑戦者】

11分17秒

DDT→体固め

※岩崎が初防衛に失敗。将軍岡本が第3代王者となる

チャンピオンベルトを奪取した将軍岡本は「闘道館に売る」とコメント

初代タイガー、新間寿会長が挨拶

新間会長は高田延彦の『泣き虫』が出版された時に後悔したエピソードを語る。これからは後悔をしない人生をと

 

4.特別試合(30分1本勝負)

▲アレクサンダー大塚 vs 竹田誠志▲

7分1秒

両者反則負け

※レフェリー暴行により

再三に渡りレフェリーをなぎ倒して殴り合う両者にノーコンテスト裁定

 

5.セミファイナル(30分1本勝負)

○船木誠勝&関根“シュレック”秀樹 vs タカ・クノウ&ロッキー川村●

13分35秒

※ハイブリッドブラスター→体固め

シュレックは試合後、「夢の様な時間」と今後もリアルジャパンへの継続参戦を希望。

船木は「面白い!」とシュレックの参戦に高評価し握手

 

6.レジェンド・チャンピオンシップ

【王者】●スーパー・タイガー vs  藤田和之○【挑戦者】

13分32秒

※スリーパーホールドによりレフェリーストップ

※スーパータイガーが3度目の防衛に失敗。藤田が第14代王者となる

藤田はスーパータイガーを徹底した足攻め

最後はスリーパーホールドにレフェリーストップ

試合後、マイクを握った藤田は「次の虎は誰だー!?」と次期挑戦者を募る

その声に呼応したのはセミで勝利した船木誠勝。次回大会で藤田vs船木の王座戦が濃厚だ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事