【WWE】王者ベッキーとサーシャが襲撃合戦で対立激化

現地時間9月24日、カリフォルニア州サンフランシスコのチェイス・センターでスマックダウンが開催された。

◆王者ベッキーとサーシャが襲撃合戦で対立激化

サーシャ・バンクス&ベイリーがシャーロット・フレアー&カーメラ(with Rトゥルース)とタッグ戦で激突した。

得意のムーンウォークを披露して余裕を見せるカーメラがハリケーン・ラナからクローズラインをサーシャに放つと、サーシャ&ベイリーは連携したチームワークでカーメラを捕まえてエルボー攻撃。

堪らずカーメラが交代すると、 “女王”シャーロットはチョップ連打からビックブーツ、さらにフィギュア・エイトを繰り出してベイリーを圧倒した。

これで勢い付いたカーメラがスーパーキックをサーシャとベイリーに放って試合を優勢に進めたが、最後はサーシャがバンク・ステートメントでカーメラを捕らえてタップ勝ちを収めた。

試合後、24/7王者のカーメラはRトゥルースに抱えられて逃走すると、サーシャ&ベイリーが残ったシャーロットに襲い掛かると、そこへロウ女子王者ベッキー・リンチが救済に登場。

©2019 WWE, Inc. All Rights Reserved.

ベッキーはベックスプロイダーで2人を投げ飛ばすと因縁のサーシャにはディスアーマーを繰り出して蹴散らした。

この結果、次週のスマックダウンでベッキー&シャーロット対サーシャ&ベイリーのタッグ戦が決定し、バックステージでベッキーがインタビューを受けていると、突如サーシャが背後から襲撃して乱闘に発展。

サーシャは「お前は何者でもない」とベッキーに罵声を浴びせるとスタッフやレフェリーが止めに入るまで殴り続けた。

因縁の女子タッグ戦が行なわれるスマックダウンは日本時間10月5日(土)にJ SPORTSでライブ配信、王者ベッキー対サーシャのロウ女子王座戦が行なわれるPPV「ヘル・イン・ア・セル」は日本時間10月7日(月)にWWEネットワーク(日本語実況版有り)でライブ配信される。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事