【大日本】11.4両国で伊東&佐々木vs葛西&佐久田のデスマッチが実現!

25日、大日本プロレスは後楽園ホール大会前に会見を実施。11.4両国大会に出場する伊東竜二並びに佐久田俊行のカードが発表され、それぞれ意気込みを語った。

11.4 両国国技館大会
伊東竜二デビュー20周年記念試合~デスマッチ形式未定 30分1本勝負
伊東竜二 佐々木貴 vs 葛西純 佐久田俊行

デビュー20周年を迎えたデスマッチドラゴン伊東竜二は「他に決まっているのはストロングとデスマッチとジュニアのタイトルマッチだけ。俺らでその他の試合を全部食ってやろうじゃないかと。大暴れします」と自身の20周年のメモリアルイヤーを両国の地でも飾ることを誓った。

一方のサイコパス佐久田は先日9.15の横浜文体大会で木高イサミのデスマッチヘビーのベルトに挑戦。肉薄するも残念ながら届かなかった。その際にプランを変更し、本当はデスマッチヘビーのベルトを獲得して次期挑戦者に指名したかった葛西純と両国で組んで戦う旨をリング上で表明しており、その言葉を現実にした形だ。

【大日本】9.15 横浜文体 サイコパス佐久田がデスマッチ侍イサミの頬をBBQ串で貫くも敗退!蛍光灯は自ら頭で割りスキャフォールドからダイブする異次元の戦いへ!BJW認定デスマッチヘビー級選手権

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事