【志田光自主興行】全試合結果 国内最後の試合で師匠さくらえみ、天敵尾崎魔弓を撃破!ファンと仲間に笑顔と涙でアメリカで更に強くなってくると誓う!

15日、東京・後楽園ホールにて『志田光自主興行 REvolution in TOKYO』が行われた。AEWを主戦場にアメリカに拠点を移すにあたり志田光が最後に組んだ興行ではお世話になった各団体や先輩・後輩への思いのこもった試合が展開。なんと全6試合のうち4試合に志田光が出場する驚愕のスケジュールの中、志田光はWAVEとのスローモーションマッチ、OZアカデミーの尾崎魔弓を撃破する正危軍との闘い、そしてメインでは師匠さくらえみ・高橋奈七永を盟友の朱里と共に撃破して国内マッチで有終の美を飾った。

各試合結果を連続写真と共にご覧ください。

第1試合
◯小林香萌 vs 松井珠紗×
10分3秒

※ポシティーボ

第2試合
◯志田光&桜花由美 vs 水波綾×&HIRO’e
11分26秒
※目つき→首固め

久々の桜花とのタッグ「しだれ桜」が復活!

WAVEならではのスローモーションも展開されWAVE各選手がなだれ込んでの乱戦となった

勝った志田はWAVEの各選手に次々と目つきを決めて嬉しそうにリングを去る

第3試合
◯志田光&アジャコング vs 尾崎魔弓×&安納サオリ
11分1秒
※魂のスリーカウント

最後はアジャの裏拳がヒットした後に志田の魂のスリーカウントで因縁の尾崎から勝利をつかむ

第4試合
×志田光 vs 駿河メイ◯
5分3秒
※肩車式プロペラクラッチ→片エビ固め

第5試合
バッファロー&◯新納刃&救世忍者乱丸
vs
関根龍一&がばいじいちゃん×&松本浩代
10分35秒
逆エビ固め

第6試合
◯志田光&朱里vsさくらえみ×&高橋奈七永
20分29秒
※魂のスリーカウント

メインの志田の試合では入場時に大量の赤紙テープが飛んだ

試合前、トラウマレベルで恐れていた高橋奈七永を相手に堂々たる戦いぶり

さくらえみ&高橋奈七永の偉大なる壁に盟友・朱里の協力もあり渡米前に乗り越えることに成功

志田光のデビューのきっかけになった「スリーカウント」の指導者、田村欣子も激励にかけつけた。

さくらえみはAEWで志田より先にチャンピオンになるとマイクをし勝手に記念撮影してリングを去る

最後は朱里・救世忍者乱丸との『ピンキーミルキー』でダンス&歌。朱里は涙が止まらなかった。

曲の途中で曲調が変わり、入ってきたのはアイスリボンの藤本つかさ。マッスルビーナスの2人で歌う

その示す先には志田を応援する横断幕を掲げるアイスリボンの選手たち。サプライズで登場した志田のかつて所属した場所の後輩も志田の行く先を応援しているのだ

リング上から最後の挨拶

志田「日本の女子プロレスを誇りに世界へ行ってきまーす!」

最後は志田のファンへの感謝の思いとアメリカでの決意がビジョンでも語られた

<バックステージ>

志田「もう日本でできることは全てやりました。行ってきます。向こうで私が11年間色んな人に学んだものを全て出して、絶対世界の頂点を取ります。プロレスを始めて、なんでプロレスをやっているんだろうって最初は思ってました。でも続けるうちにプロレスにどんどん夢を叶えてもらって。歌を歌うこと、映画に出ること、イギリスに行くこと、そして海外で仕事をすること。本当にプロレスに出会えて、こんなにも人の夢って叶うんだなって思いました。夢って叶わないようなイメージがあったんですけど、プロレスがどんどんそれを叶えてくれたので、世界の頂点に立つこともきっとすぐに叶うと思います。そうしたらその次には俳優のベテティクト・カンバーバッチに直接会うことを夢に頑張っていきたいと思います。ありがとうございます。しばらくの間行ってきます」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事