【大山峻護 特別インタビュー】憧れのプロレスのリングへ!3/20(月・祝)DDT プロレスリングさいたまスーパーアリーナ大会でプロレスチャレンジ!!

先日開催されたDDTプロレスリング後楽園大会で元PRIDEファイターの大山峻護さんが登場し、3月20日(月・祝)のさいたまスーパーアリーナ大会でプロレスにチャレンジすることを発表した!

プロレスチャレンジを控える大山選手を特別ゲストに迎え、プロレスに対する熱い想いを語って頂きました。

 

<プロレスとの出会い、ヒーローへのあこがれ>

山口:大山さんとプロレスとの出会いを教えてください。

大山:小学校1年生の頃からプロレスにはまって、当時はタイガーマスクやアントニオ猪木さんだったり、長州力さん、藤波辰巳さん、もちろんスタン・ハンセン、ブルーザー・ブロディ、ファンクスとか、夢中になりましたね。

山口:新日と全日、両方とも好きだったんですか?

大山:両方好きでした。初めて見に行ったのが全日の後楽園ホール、スタン・ハンセンとテリー・ファンクが戦っているのを覚えています。

山口:はじめて試合を見に行ったのは何歳くらいですか?

大山:小学校1-2年生くらいじゃなかったかな……。プロレス少年だったので、父が一生懸命連れて行ってくれたんですよ。新日の道場にも何回か行ったことがあって、なぜか小林邦昭さんのサインを三枚持ってます(笑)

山口:同じやつを(笑)

大山:本当に大好きでしたね。

山口:プロレスを好きになったきっかけは、お父さんの影響ですか?

大山:友達が好きだったんです。プロレスラー名鑑を見せてもらって、びっくりしたんですよ。世界にはこんな超人がいるんだ、って子供心に衝撃を受けました。アブドーラ・ザ・ブッチャー、タイガー・ジェット・シン、ジャイアント馬場さんだったり。こんな人、本当にいるの!?って

山口:外人レスラーならだれが好きでした?

大山:テリー・ファンクが好きだったかな……。

山口:小さい頃って、テリーかドリーならテリーを選ぶ人が多かったですね(笑)

大山:ぼろっぼろにやられる姿を見て、夢中で応援していたのを覚えています。羽交い絞めにされて、スタン・ハンセンにラリアット喰らって。ボコボコにされていましたね。

山口:格闘家になったのも、プロレスがきっかけですか?

大山:ヒーローが大好きだったんです。原点はウルトラマンですね。僕はもともと体の線も細くて、喘息持ちで弱虫だったんです。それでウルトラマンみたいなヒーローにあこがれて、そして憧れの対象がプロレスに移って、夢中になってましたね。プロレスって地方巡業に来るじゃないですか。それが待ち遠しくて、その日が来るのをドキドキしながら待っていたのを覚えています。地元は栃木なんですけど。

山口:栃木から、道場に三回も行ったんですか?

大山:父に頼んで車で連れて行ってもらったんです。道場に当時若手の山崎一夫さんがいて、「とりあえず見るだけ」って中を見せてもらいました。でも、好きすぎて興奮しちゃって、早く帰りたいと思ってしまった(笑)。感動が一周しすぎて、震えるくらい感動しちゃって。気持ちがぶわぁっと湧きあがっちゃうんです。

山口:熱血ですね。

大山:実は、DDTプロレスリングからプロレスのオファーをもらったとき、憧れが強い分、二の足を踏みました。一瞬考えてしまって、即答できませんでした。不思議ですよね。子供のころにプロレスが大好きで大好きで、それがいつしか、UWFが好きになって、パンクラスやリングスが大好きになって、桜庭和志さんにあこがれて、僕はプロの総合格闘家になったんです。

山口:UWFからパンクラスが好きになって、格闘技、PRIDEへ……

大山:そうですね。桜庭さんの活躍が僕の心を動かしていました。ずっと子供のころから一緒なんですよ。ヒーローを追い続けているんです。最初はウルトラマン、プロレスが好きになって、猪木さん、タイガーマスク、柔道では古賀稔彦さん、そして桜庭和志さんが好きになって。ヒーローを追い続けて前に進んできた、っていう人生です。

※編集部にあるプロレススーパースター列伝を懐かしむ大山選手。

 

⇒次ページ(チャレンジのきっかけ、DDTプロレスリングの魅力)

 

山口 義徳(プロレスTODAY総監督)
『プロレスTODAY』総監督。
その素顔は運営会社 ㈱リアルクロス代表取締役社長。
プロレスに対する愛情は不変(^ε^)♪

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連記事

Pages 1 2 3 4 5