【潮﨑 豪インタビュー】中嶋戦はノアの新時代を切り開く戦い!蹴りを凌いで豪腕で勝つ!!そして新時代の中心になる!!

 

――ちょっと他団体の話をすると、以前戦った関本選手はどうでしたか?

 

潮﨑:重かったっすねー。一発一発が効きましたし。もう、試合で負けられないと思って、その気持ちが強かったですね。

 

――小橋さんのFortuneKKで、岡林選手と組んで戦いましたね(2016年6月4日)。チョップ四天王みたいな感じで。

 

潮﨑:何ですかあの組み合わせ(笑)チョップな試合になるという感じは、もう勘弁願いたい(笑)

 

――コンセプトが明確ですね。

 

潮﨑:その四人が組まれてカードが発表されて、ああ、こういうのを期待しているんだろうな、と。わかりやすい。

 

――チョップでいうと、KAIENTAI-DOJOの滝澤大志選手とも昨年戦いましたね(2016年12月29日)。

 

潮﨑:彼とシングルやったのは二回だったかな。相変わらずチョップ痛いし。なんなんですかね、本当にチョップって(笑)

 

――チョップ日本一選手権みたいなトーナメントとかやったらどうでしょうか?(笑)

 

潮崎:それは出たくない(笑)

 

――ノアの中でも、丸藤選手のチョップと潮﨑選手のチョップって違いますよね?

 

潮﨑:ムチみたいな切り裂き方ですよ。喰らいたくない。もう痛くて痛くて、後に残るんですよ。喰らったときは「あ、皮めくれた」「今の入り方は絶対切れたな……」って分かるんですよ。

 

 

――杉浦選手と対戦した時も凄かったですね。鈴木みのるさんもやばかったじゃないですか。

 

潮﨑:……あれはダメですよ……俺のは芯に入るように「張っ倒してやる!」ってチョップなんですけど、丸藤さんのは「切り裂いてやる」「血に染めてやろう」っていう悪意を感じます(笑)

 

――潮﨑さんのチョップは説得力があります。チョップを出したら会場が沸きますね。シンプルですけど、チョップの威力に興奮するんですよ。

 

潮﨑:重みが伝わるように考えて、やっています。

 

――受け手側のレスラーには嫌がられますよね。

 

潮﨑:だいたい嫌がられてます(笑)相手は、エルボーとかよりもチョップを喰らうのが一番嫌だと思いますよ。

 

――見ている方はチョップが楽しいんですよ(笑)

 

 

――他団体や外国人で、いま戦いたい選手はいますか?

 

潮﨑:こういう形になったからこそ、今はノアをもっと盛り上げたい。まずは内部から盛り上げて、その勢いや熱さが広まっていけばいいと思うので、まずはノアを盛り上げないといけません。

 

――プロレスリング・ノアも、純粋なノア選手とフリーの選手を組み合わせて、新しい枠組みが生まれつつありますね。

 

潮﨑:試行錯誤だろうけど、いいものは残っていくはず。それが形になった時、新時代の中心にいられるようにしたいです。プロレスには可能性がある世界なので、それをもっともっと広げられるように、まずはノアから、可能性を広げていきます。

 

山口 義徳(プロレスTODAY総監督)
『プロレスTODAY』総監督。
プロレスTODAYの企画・進行・管理を行い、会場ではカメラマンも兼務。
またプロレスとビジネスの融合を行い、会場でのクライアントとのタイアップも実施。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連記事

Pages 1 2 3