【志田光インタビュー・後編】プロレスラー・志田光ができるまで。新世代の主人公になる!

4月26日(火)新木場にて尻神教解散興行を行う志田光に迫ったインタビューだが、後編はプロレスラー志田光のレスラーになったきっかけ、参戦の各団体などについて語ってもらった内容をご覧ください。

 

<プロレスラーと女優、これこそが志田光の人生>

 

――あらためて、これまでのプロレス人生を振り返って、いかがですか?

志田:20歳から始めて、6月で29歳になりますけど、あっという間ですね。こうして皆さん、どんどん結婚できなくなっていくんでしょうね(笑)

――プロレス入りのきっかけは何でしたか?

志田:映画『スリーカウント』のオーディションです。出演するためにプロレスデビューして、プロレスラーとして映画に出る企画でした。私はもともと女優志望だったので、芸能事務所に入って、オーディションに行ってみたら、オーディション会場で「明日から練習に来てください」と言われて、プロレスを始めました。

――プロレスをさせられてから、なぜだかプロレスに目覚めていったんですね。

志田:プロレスを一度も見たことがなかったんです。何をやっているかわからないまま、練習していました。もともと柔道と剣道をやっていて、三歳ぐらいから運動もやっていたので、こういう企画は私向きだろうなと思って、映画に出るためにプロレスをやっていました。

――いつから、プロレスを本業にしようと思いましたか?

志田:「(プロレスで)デビューして一年間は、映画のためにプロレスを続けてください」と言われていたので、その間は、「なんで私プロレスをやってるんだろう?」という思いでいっぱいでした。だけど公開された映画を見たら、自分自身もプロレスを通じて輝いているように見えたので、「プロレスをやっている私、いいかも」となって、本気でプロレスをやってみようという思いになりました。それからはとにかく必死で、「もっとこうしたほうがいい」と思って続けているうちに、いつのまにかプロレスに夢中になっていました。今思うと、最初の一年間嫌々続けていたことが悔しいです。あの一年をもっとちゃんとやっていたら、今もっと上に行けていたのに、って後悔しています。

――実績は十分にあるし、ベルトも数多く保持しています。プロレス界の一角を完全に占めていると思います。

志田:来年で(プロレス歴)10年と思うと、まだいけるし、まだやらないと。

――プロレスでは、大きな怪我の経験はありました?

志田:大きいものは、ないですね。

――柔道や剣道のバックボーンがうまく役に立ったのでしょうか?

志田:体が丈夫なんです。風邪とかも……気付かない(笑) 怪我も、普通の骨折はないですし、剣道をやっていたころに疲労骨折をしたんですけど、そのときは気付かず、あとからお医者さんに「折れてたよ」と言われました。

――忍耐力があるというか……鈍感?(笑)

志田:鈍感力です(笑)

――プロレスを本当に自分の仕事として決めるきっかけはありましたか?

志田:プロレスをすることによって、自分の夢がどんどん叶うんですよ。映画で主演をやらせていただいたこともそうですし、小さい頃からずっと歌手になりたかったんですけど、プロレスを始めたことでCDを作らせてもらいました。イギリスに行きたくて英語を勉強していたら、プロレスでイギリス遠征に行くことができました。プロレスを通じて、自分の夢が、数えきれないくらい叶っていきました。小さい挫折や悔しいこともありましたけど、プロレスを始めてから、私の人生が上向きになりました。

――プロレスをやって夢が叶ったんですね。ファイティング・ミュージカル「魔界」も、三年間継続されています。魔界に参加して、変わったことはありましたか?

志田:見られることに対する意識が格段に変わりました。魔界に出ている皆さんは立ち振る舞いが素敵なので、ただ立っているだけでもかっこよく見せることの重要さを、すごく学びました。

――魔界は、プロレスラーとして幅を広げようというきっかけになったんですね。

志田:そもそも魔界自体がプロレスと演劇の組み合わせで、志田の人生を表しているようなものですから、魔界は、今の時点で、志田光の代表作になるんだろうなと感じています。今は月に一度、三年かけてきましたけど、もっと時間をかけて、志田光の代表作を今作っているんだろうなという意識があります。

――これから、魔界でチャレンジしたいことはありますか?

志田:海外公演が、みんなのひとつの目標ですね。いけると思うんですよ。かっこいいし、言葉がわからなくても伝えられると思うので。

――イギリスに行く夢がかなったとのことでしたが、英語は話せますか?

志田:英語は、普通の会話はできます。でも、プロレスって英語がいらないんですよ。凄いですよね!プロレスラー同士は、言葉がなくても通じちゃうんですよ、プロレスで(笑)だから魔界も通じるんですよ、戦いで。

――魔界はオリエンタル色が強いので面白いですね。例えばフランスなら、今のパッケージをそのまま持って行って勝負してもいいかもしれません。志田さん自身が和の美人という感じがするから、合うような気がするんですよ。

志田:フランスは日本のアニメとか漫画とかが人気ですからね。夢ですね、海外公演。あとは、今でも一部実現していますけど、プロレスラーだけが戦うんじゃなくて、ミュージシャンや俳優、力士など、各業界の一流の人が、異種格闘技戦的な感じで戦う場所になったら面白いと思いますね。全然関係ないところ、たとえば書道家とかでも(笑)! 夢が広がります。

――縛られていない世界なら参戦しやすいですよね。そこは演出家のゆうしゃさんにお願いして(笑)

 

次ページ(志田光のクリエイター。さくらえみ、田村欣子、朱里)

山口 義徳(プロレスTODAY総監督)
『プロレスTODAY』総監督。
プロレスTODAYの企画・進行・管理を行い、会場ではカメラマンも兼務。
またプロレスとビジネスの融合を行い、会場でのクライアントとのタイアップも実施。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連記事

Pages 1 2 3