【WWE】中邑が6人タッグ戦でオーティスと激闘


©2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.

日本時間5月9日、フロリダ州オーランドのWWEパフォーマンスセンターにてスマックダウンが行なわれた。

中邑真輔がキング・コービン&セザーロとタッグを組んで因縁のダニエル・ブライアン&ドリュー・グラック&オーティスと6人タッグ戦で激突した。

中邑はけいれん式ストンピングでグラックを踏みつけて攻め込むと、交代したオーティスは中邑にクローズライン2連打から必殺のキャタピラーを放った。

さらにコービンのピンチに中邑がライダーキックでグラックを攻撃すると、すかさずオーティスが中邑に体当たりして応戦。


©2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.

中邑はオーティスに手こずりながらも襲ってきたブライアンにハイキックを放つと最後はコービンがディープシックスでグラックを沈めて勝利を収めた。

試合後、中邑&セザーロが倒れこんだグラックを捕まえると、コービンが自身の杖で襲撃を狙ったが、ブライアンが反撃して乱闘に発展。さらにMITBラダー戦に出場するコービン、ブライアン、オーティスが天井に吊るされたブリーフケースをめぐる前哨戦を展開すると、ブライアンとオーティスを蹴散らしたコービンがブリーフケースを奪取し、自身がMr. MITB最有力であることをアピールした。


©2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.

WWE本社での男子MITBラダー戦が行なわれるPPV「マネー・イン・ザ・バンク」は日本時間5月11日にWWEネットワークで配信される。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事