【WWE】アスカ、両者リングアウト裁定で“大女”ナイアへ怒り爆発!「しばくぞこの野郎!」


©2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.

日本時間6月15日、フロリダ州オーランドのWWEパフォーマンスセンターにて行なわれたPPV「バックラッシュ」が配信された。

グランドスラムを達成した新ロウ女子王者アスカが遺恨勃発の“大女”ナイア・ジャックスと防衛戦で激突した。

因縁に終止符を打つべく試合に挑んだアスカはチョークスリーパーやオクトパスホールドでナイアを捕まえて攻め込んだが、これらを強引に解除したナイアはクローズラインやスパインバスターで反撃。

さらにナイアが「カイリはどこだ?」と言って挑発すると怒ったアスカは裏拳からシャイニングウィザードを決めるもカウント2。


©2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.

終盤の場外戦ではアスカが飛び付きアーム・バーで攻め込んでからハイキックをナイアに叩き込んでリングに戻ったが、レフェリーのカウント10に間に合わず両者リングアウト裁定となってしまう。

この結果によりアスカが引き分けながら王座初防衛に成功したが、苛立つアスカは試合後にヒップアタックをナイアに叩き込んでKO。

バックステージでアスカは「おかしいやろ!10カウント以内だったやんけ。ナイア、絶対やったるからな!しばくぞこの野郎!」と怒りを爆発させてナイアとの遺恨が激化した。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事