【WWE】“女帝”アスカがサーシャとのリマッチを制してロウ女子王座防衛


©2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.

日本時間8月25日、フロリダ州オーランドのアムウェイ・センター「WWEサンダードーム」にて行なわれたロウが配信された。

ロウ女子王座奪還に成功した“女帝”アスカが“ボス”ことサーシャ・バンクス(withベイリー)とPPV「サマースラム」のリマッチとなるロウ女子王座ランバージャック戦で激突した。

ベイリーと共に女子スーパースターたちがリングを取り囲む中、アスカはヒップアタックを放ってサーシャに攻め込んだが、場外ではベイリーの攻撃をを受けながらリングに押し戻された。

それでもアスカはDDTやアンクルロック、エプロンからのスライディングキックをサーシャに決めて試合を優勢に進めるも、場外のベイリーに反撃を狙うと背後からサーシャに攻撃を許してフロッグスプラッシュを決められてしまう。

このチャンスにサーシャはベイリーにパイプ椅子使用を示唆するも、これはPPV「ペイバック」でベイリー&サーシャとのWWE女子タッグ王座戦が決定したシェイナ・ベイズラーがベイリーの足を引っ張って妨害し、最後はアスカが隙をついたアスカロックでサーシャを捕まえてタップ勝ち。


©2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.

前日のPPV「サマースラム」に続き、再戦でもアスカがサーシャに勝利して王座防衛に成功した。

ベイリー&サーシャ対シェイナ&ナイア・ジャックスのWWE女子タッグ王座戦が行われるPPV「ペイバック」は日本時間8月31日にWWEネットワークで配信される。


©2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事