大仁田厚の新団体「FMW-E」旗揚げ戦7・4鶴見の配信ライブ実況を元日テレの若林健治アナが担当!異例の「事前応援投げ銭」制度も導入

 “邪道”大仁田厚の新団体「FMW-E(FMW explosion)」の旗揚げ戦(7月4日、神奈川・鶴見青果市場)のインターネットライブ配信の実況を、元日本テレビの熱血アナ・若林健治氏が担当することが決まった。英語版はドリュー・パーカー(大日本プロレス)、中国語版は山下輔、布仁ブレンが実況する。

 若林アナは1980年代から2000年まで、「全日本プロレス中継」で実況を担当し、その熱さでファンから多くの支持を得ていた。しかし、同年に日テレが全日本の中継を打ち切ると、プロレスから離れた。07年に同局を退社し、フリーに転向し、CS放送のFIGHTING TV サムライ、GAORAなどでプロレス実況に復帰。現在は若林健治アナウンススクールを主宰し、後進の指導にあたっているが、プロレスへの熱い思いは消えていない。

 大仁田は今回、ライブ配信を行うにあたり、その実況に、若手の頃からの付き合いである若林アナに白羽の矢を立てた。快諾した若林アナは「プロレスは男の唄、裸の唄、昭和の唄!頑張ります!」とコメントし、久しぶりのプロレス実況に燃えている。

 また、同大会の前売券は5月7日に発売を開始したが、大仁田以外の出場選手すら発表していないにもかかわらず1週間でソールドアウト。そのため、会場側と協議して、ソーシャルディスタンスを保った上で増席したが、それも完売間近。ライブ配信チケット(1000円)は、北米からの反響がすごく、問い合わせが殺到しているため、当初予定の6月1日から前倒しして、5月22日から発売を開始することになった。

 そのライブ配信チケットでは、異例ともいえる「事前応援投げ銭」制度(価格は1000円からで、締め切りは6月20日)を導入。これはチケット購入時に同時に申し込むもので、「応援投げ銭」をした人の氏名が、会場正面の横断幕(6メートル×3メートル)に掲載され、SNSなどでも公表される。氏名が掲載された横断幕は今後のすべての会場で使用される。

今大会のメインイベントは「地獄デスマッチ」形式で行われるが、大仁田は「過激だからこそ、このリングに上がる意義があるんじゃないか。試合は世界に向けて配信されるから、いいアピールになるぞ。我こそはという選手は、名乗りを挙げてほしい!」と出場選手を募っている。

FMWE公式サイト 
http://fmw-e.com/post-76/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事