【新日本】NEVER6人タッグはCHAOSがBULLET CLUBを退けV6達成!試合後、第三世代トリオが名乗りを上げる<6.22後楽園・全試合結果>

新日本プロレスは6月22日(火)、後楽園ホールで『KIZUNA ROAD 2021』第6戦を開催した。

メインではNEVER無差別級6人タッグが行われ、王者チームの後藤洋央紀&石井智宏&YOSHI-HASHI組がEVIL&高橋裕二郎&ディック東郷組の挑戦を受けた。

両チーム激しい試合展開となったが最後は王者チームの石井が東郷を垂直落下式ブレーンバスターで仕留め、チャンピオンチームが 6度目の防衛に成功した。

そして、試合後に第三世代の天山、小島、永田がリングに登場し「「オマエらCHAOSが、新日本プロレス本隊を腰抜け呼ばわりしてるそうだが、なんなら試してみるか?石井、どうする?」と王者組を挑発。

それに呼応したYOSHI-HASHIがマイクを手に取り「オイ!もちろん、やってやるよコノヤロー!ただ、石井さんのコメントしか見てないようだけどな。オイ、俺が言ったの、見てないだろ?いいか、このNEVER6人のタッグベルトは俺たち3人が防衛し続けるのは、永遠だ!」と言い放った。

映画『ゴジラvsコング』Presents KIZUNA ROAD 2021
日時:2021年6月22日(火) 17:30開場 18:30開始
会場:東京・後楽園ホール
観衆:328人

<試合結果>

▼第1試合 20分1本勝負
上村 優也 ×
vs
タイチ 〇
10分12秒  タイチ式ラストライド→エビ固め

■試合後バックステージコメント

タイチ「まだまだだな、小僧。でも、いいよ。お前と辻、いいな。もっと強くなりたかったらよ、俺の部屋に来てよ、稽古つけてやるよ、朝から。朝稽古つけてやる。辻もよ、いい反応してたよ。俺の右の……いや左の下手投げをこらえたからな。

上村の野郎も右の下手投げ、すぐ立ち上がった。いいじゃない。その後、閂(カンヌキ)か? お前も相撲道あるじゃねえか。俺のところに来い。俺が親方になって、お前らをいい関取に育ててやる。内藤、SANADAよりいいんじゃねえの? まあ、ないけど、この後、もしザックが負けることがあるなら、札幌は先にお前らにやらせてやるよ、辻と上村。

内藤、SANADA、やるんだったら、もっと熱いものくれよ、俺に。新弟子みたいに、序二段、序の口のあいつらみたいに熱いものくれよ。伝わんねえな。札幌が盛り上がんねえぞ。ただでさえ、また内藤vsタイチかって、札幌も思ってんじゃねえの? もうちょっとチャレンジャーらしく熱く来いよ」

上村「(スタッフに肩を借りて、息も絶え絶えにフラフラな足取りで現れて)クソッ! 俺が見たかった、戦いたかったタイチは今日みたいなタイチだ。でも、まだまだ、まだまだこんなもんじゃねえ。もっと強くなって、もっとデカくなって、あんたの前に、俺が勝つまで何回でも立ってやる。今日はまだ始まりです。ありがとうございました」

 

▼第2試合 20分1本勝負
辻 陽太 ×
vs
ザック・セイバーJr. 〇
13分58秒  首4の字固め

■試合後バックステージコメント

ザック「生意気な野郎だ。ツジはいくつだ? ヤングライオンを名乗ってるが、見た目は45歳くらいだ。映画の『ナチョ・リブレ 覆面の神様』を彷彿とさせるな。背中にくらったダメージはデカい。大したもんだな、ツジ。(日本語で)イイネ! ヤングライオン2人とも実力はあるが、お前は”オールドライオン”の方がしっくりくるぞ。お前は頑張ったが、まだまだだ。俺の足元にも及ばないレベルだ。ツジはルチャ・リブレの技に拘ってるようだが、無駄だ。今日は珍しくテッカーズ(テクニック)を見せてきたじゃねえか。そこは認めてやる。この間ウエムラを俺の道場に入れてやると言ったが、ツジも俺の’VEGAN SOY BOY TEKKERS DOJO’に来ていいぞ。名前はもっとキャッチーなものに変えた方がいいかもな。それからナイトウの野郎、コソコソと仕組みやがって。SANADAは悪いことはしない奴だと知っているから責めないが、ナイトウの野郎はずる賢い。俺たちがサインしたのは調印書でもないっていうのに。チャンピオンとして、あいつらにチャンスをやってもいいと最初は思っていたが、こんなことになったらもうお前にベルトに挑戦する資格はない。だからウエムラ&ツジ組に変更だ。もうシングルで2人とも片付けたとはいえ、俺はナイトウなんかよりはこの2人をもっと高く評価している。ナイトウ、お前には挑戦させてやらない! 俺たちがサッポロでベルトを防衛する相手はツジ&ウエムラ組だ。絶対にお前じゃない、ナイトウ!」

辻「ザック・セーバー・Jr.……、やっぱりスゲーや。どんな相手でも、自分のスタイルを貫いて戦ってくる。こんな時代に、母国であるイギリスに帰らずに日本に残ってずっと戦い続けてる。まさにプロフェッショナルだ。正直言って、俺が目指しているのは彼のような“ブリティッシュスタイル”ではない。ただ、今までの自分がどこまで通用するのか、今日は試してみたかったんだ。“ブリティッシュスタイル”も面白いかもしれないな。だが! 俺が目指しているのはあくまでもメキシコ、“ルチャ・リブレのリングの上”だ!」

 

▼第3試合 30分1本勝負
矢野 通
オカダ・カズチカ 
SHO
YOH 〇
vs
邪道
外道 ×
エル・ファンタズモ
石森 太二
10分04秒  3K→片エビ固め

■試合後バックステージコメント

矢野「よし! 君たち、よく聞きたまえ! よ~く聞きたまえ! (KOPW2021のトロフィーを持ちながら)最近なかなか日が当たらないこのタイトル、KOPW2021! トゥー・サウザンド・トウェンティ・ワン! これを、これを、これを、俺が東京ドームに出るために、これを懸けて東京ドームで戦ってやる! よく聞けよ。これを懸けて東京ドームで戦う。誰でも来い、誰でも! 誰でもいいんだぞ、誰でも! 何人でも! 誰でも何人でもだ、オイ! なあ、各選手に応援してるファンの奴らがいるだろ。全員を幸せにするためには……わかるだろ! 祭りだ! 祭りだ! ロイヤルランブルだーッ!」

YOH「(指を折りながら)トカレフ、ワルサー、リボルバー、イーグル……、どんな銃で来てもこっちはもう準備できてるから。2匹のマシンガンで迎撃だ」

SHO「(IWGPジュニアタッグのベルトを大事そうに抱きしめながら)明日はこっちがベルトを持ってて、あっちがチャレンジャー。そう、向こうが攻めてくる。そこを俺たちがガッチリ迎えて、ガッチリ迎撃して、このベルトはあいつらのどんな攻めからも必ず守ります。とりあえず今日、大事な大事な大事な大事な前哨戦、3Kで勝てて良かったぜ」

※オカダはノーコメント

石森「これで前哨戦も終わって、いよいよ明日だな。3Kの言う本気? それも楽しみにしてるけど、爽やかなそよ風とか言ってないで……(ここで突然鼻血を出したファンタズモが姿を現し、それを見た石森は英語で)Oh! ELP! You’re OK?」

ファンタズモ「大丈夫だけど、今の俺はひでえ顔してるだろ! かわいい顔が鼻血で台無しじゃねえか! こうなったら作戦変更だ。先週から俺たちの秘策を見せてやると言ってきたが、練り直したほうがいいな。だけど結果は変わらない。勝つのは俺たちだ。楽しいタイトルマッチになると思ったら大間違いだ。ベルトだけじゃない。今度は俺たちがYOHとSHOの顔を鼻血まみれにしてやる! 今、お前たちファンは俺たちがBULLET CLUBで可愛いだけのタッグチームだと思ってるかもしれないが、明日はBULLET CLUB史上最高にバイオレントな闘いを見せてやる!」

石森「(ファンタズモが立ち去るのを見て)あ~あ、怒っちゃったよ(笑)。ファンタズモ怒っちゃったよ。これはよ、爽やかなそよ風とか言ってないで、暴風化して、大電流を流さねえと、そのベルト、間違いなく俺たちのものになるぞ」

※邪道&外道はノーコメント

■次ページ(セミ・メイン)へ続く

<写真提供:新日本プロレス>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事

Pages 1 2