【プロレスラー選手名鑑】吉村 直巳 Naomi Yoshimura(DDTプロレスリング)

【プロレスラー選手名鑑】

◆選手名:吉村 直巳 Naomi Yoshimura(DDTプロレスリング)

※収録日:2021/6月

◆所属:DDTプロレスリング(https://www.ddtpro.com/)

▼プロフィール▼

小学生の頃にわんぱく相撲で竹下幸之介に3度も土を付けられた過去があり、その竹下が高2でプロレスデビューしていたことを知って、自身も憧れていたプロレスラーになろうと決意。ゼウスが経営するキングジムで体を鍛え上げて入門を果たした。DNA第三章ではプロレス甲子園2017を制覇。拳剛、奥田啓介、定アキラとナオミキングダムを結成して大暴れ。DNA休止後は海外に拠点を移してアメリカとカナダで約12団体、60試合を経験。帰国後は上野勇希のラブコールに応え、DISASTER BOXに加入。2019年9月に上野とのタッグチーム「ノーチラス」を始動させた。

■生年月日:1995年4月21日
■身長:180cm
■体重:125kg

■血液型:B型
■出身地:大阪府大阪市
■デビュー:2016年12月4日、DDT、大阪・エディオンアリーナ大阪第一競技場大会
■得意技:正念場 / 投げっぱなしパワーボム / ラリアット/ 払腰
■主要タイトル:KO-Dタッグ
■入場曲:REGGAE TOWN

■愛称:怪物

■特徴:恵まれた体躯を活かしたヘビー級のボディでパワフルファイトを展開する。同期入団の上野勇希とのノーチラスではタッグタイトルを獲得。怪我で欠場すると共に上野とのタッグチームは一旦解散となったが、互いの信頼関係は揺らぐことなく常に好敵手として意識しあう良い関係。レゲエとHIPHOPを愛し入場曲はデビュー時よりREGGAE TOWN。ひらがなまっするでは初代ボス「エーケーレーシング・ヨシムラ」として大暴れ。マイクでのツンデレも愛嬌たっぷりで好印象。所属するユニット、DISASTER-BOXでは優しい先輩たちに囲まれて愛されながら切磋琢磨の日々。今後、DDTに君臨するパワーファイターの樋口和貞を乗り越え、憧れの火野裕士を乗り越えて目指すはシングルの頂点、DDTヘビーの象徴だ。

▼経 歴▼

■2016年

12月4日 – DDT大阪府立体育会館第一競技場大会の6人タッグマッチ、石井慧介&彰人&上野勇希戦でデビュー(パートナーはKUDO&高尾蒼馬)。投げ捨てパワーボムを上野に決めてデビュー戦を勝利で飾った。

■2017年

いつでもどこでも挑戦権を獲得。以降、大会前や試合後の竹下幸之介を付け狙い、学生時代の竹下が原因で数多くの人物や行きつけの食堂を失った恨みを暴露し続ける。

また、ゼウスと出会った際のエピソードも明かしている。7月23日まで長期保持し続け、石井慧介とのKO-D王座戦直後の竹下を襲撃する形で挑戦するも敗北。

■2020年

1月3日、上野勇希とのタッグ“ノーチラス”で佐々木大輔&高尾蒼馬組を破り、KO-Dタッグ王座を獲得。以降7度の防衛に成功。

3月26日、「まっする2」にエーケーレーシング・ヨシムラに扮し、パイプイス男子の初代ボスとして君臨。

10月、頸椎及び腰椎椎間板ヘルニアの治療に専念するため欠場を発表。上野とのタッグコンビ“ノーチラス”は一区切りに。

■2021年

5月9日、タッグを組んでいた上野勇希と半年ぶりの復帰戦。試合には敗れるも「猛スピードで追いかけていくから楽しみにしててください」とマイク。DISASTER-BOXでも6人タッグを狙いに行く。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事