【ノア】中嶋勝彦が拳王との打撃戦を制して史上初の『N-1』連覇達成!10.10大阪で丸藤正道からGHCヘビー級王座奪取を宣言!

プロレスリング・ノアは3日、東京・後楽園ホールにて『N-1 VICTORY 2021 ~NOAH NUMBER ONE PRO-WRESTLING LEAGUE~』開催し、『N-1』優勝決定戦では中嶋勝彦が拳王との同門対決となる壮絶な打撃戦を制して昨年に続く史上初の連覇を果たした。

今年の『N-1』は全16選手が4つのブロックに分かれリーグ戦を行い、Aブロック1位・清宮海斗とBブロック1位・拳王、Cブロック1位・中嶋勝彦とDブロック1位・船木誠勝が準決勝で激突すると、拳王と中嶋が勝ち上がり優勝決定戦に駒を進めた。

”金剛”同門対決となった一戦は、お互いに蹴りを胸板に打ち込み、張り手合戦などの壮絶な打撃戦となったが、最後は中嶋がダイヤモンドボムで拳王を沈めて3カウント。

勝利した中嶋は「今年も取ったぞ。GHCのチャンピオン丸藤正道、見てんだろ?どこにいるんですかチャンピオン?高みの見物してないでリングに上がってきてくださいよ」とマイクにてアピールすると丸藤が登場。

「N-1というすげー過酷なリーグ戦を勝ち抜いてやっとあなたのところまで来ましたよ。これで対等ですよね?もちろん、俺はここでは終わりません。10.10大阪で丸藤正道が持つGHCのベルトを俺が奪います!」と宣言。

これを受けて丸藤は「勝彦、素直に凄いと思うよ。ホントにすごいと思う。」と称賛すると続けて「このリーグ戦を勝ち抜いて身に着けたその自信と、持ち続けたモチベーション、そしてその目を勝彦、俺が木っ端みじんに打ち砕いてやるよ。勝負だ、勝彦!」と返しリングを後にした。

バックステージにて中嶋は「今年もまた俺が取って、史上初の連覇だ。どういうことかわかる?『N-1』は俺、中嶋勝彦の舞台ってことだ。」と述べると「大阪にすべてを懸けるよ。」と10.10大阪決戦へ意気込んだ。


優勝トロフィーに今年も名前が刻まれると指差す中嶋

N-1 VICTORY 2021 ~NOAH NUMBER ONE PRO-WRESTLING LEAGUE~
日時:10月3日(日) 開始:11:30 開場:10:30 
会場:東京・後楽園ホール

<第7試合 メインイベント・N-1 VICTORY 2021優勝決定戦>
●拳王
VS 
〇中嶋勝彦
20分00秒 ダイヤモンドボム→エビ固め
※中嶋勝彦がN-1 VICTORY2連覇を達成。

参考:【ノア】Eitaが小峠篤司とのジュニアタッグ王座前哨戦に勝利!「こんなしょっぱいレスラーを応援してもな、ノアジュニアに明るい未来はねえぞ」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事