【ノア】Eitaが小峠篤司とのジュニアタッグ王座前哨戦に勝利!「こんなしょっぱいレスラーを応援してもな、ノアジュニアに明るい未来はねえぞ」

プロレスリング・ノアは3日、東京・後楽園ホールにて『N-1 VICTORY 2021 ~NOAH NUMBER ONE PRO-WRESTLING LEAGUE~』開催した。

今大会の第4試合では10月10日大阪大会『GRAND SQUARE 2021 in OSAKA』で行われるGHCジュニア・ヘビー級タッグ選手権試合、王者組・小峠篤司&大原はじめvsNOSAWA論外&Eitaの前哨戦として小峠vsEitaがシングルマッチで対決した。

試合は開始からEitaが「熱い試合をするぞ」と握手を求め、小峠が応じるとすかさず攻撃してペースを握り、「チャンピオンとうした?」と挑発を繰り返した。

小峠も反撃する場面もあったがEitaがトラースキックからのイダルゴを決め3カウントを奪った。

勝利したEitaは「前哨戦は俺の勝ちだ。おい、お前らよ今日何を見に来た?N-1の決勝か?それともこのしょっぱいレスラーか?ちげーよな?この俺を見に来たんじゃねえのか!」とマイクでアピール。そして「ノアジュニアを熱くする、熱くしてやるとか言ってたよな。熱くなってんのはな、オメエだけだよコノヤロー!周り見ても誰もお前なんかについてきてねえぞ。その発言でな、ノアジュニアの熱を冷ましてんだよ。そう思うよな?」とさらに憎まれ口を続ける。さらに「おい、お前らもよ、いい加減に目覚ませよ。こんなしょっぱいレスラーを応援してもな、ノアジュニアに明るい未来はねえぞ。まあ少なからず今日ここに集まったお前らは、ゴミクズ以下だけどな!」と観客まで悪態をつく始末。

そして最後には倒れている小峠にペットボトルの水をかけるなどやりたい放題でバックステージへ戻っていった。

バックステージでも止まらないEitaは「言ったよな、ノアジュニアのファンはゴミクズしかいねえんだよ。まあよ、よくそんなファンでもあんなしょっぱいレスラー応援できんな。あいつがチャンピオンなんだろ?おいおいおい、1週間後の大阪は大丈夫か?あんなんだったらよ一瞬で終わっちゃうぜ。大阪のビッグマッチ、一瞬で終わんないように、きちんと練習して来い。もっと研究して来い」とベルト奪取へ余裕を見せた。

N-1 VICTORY 2021 ~NOAH NUMBER ONE PRO-WRESTLING LEAGUE~
日時:10月3日(日) 開始:11:30 開場:10:30 
会場:東京・後楽園ホール

<第4試合・シングルマッチ>
●小峠篤司
vs
〇Eita
9分49秒 イダルゴ→体固め

参考:【ノア】中嶋勝彦が拳王との打撃戦を制して史上初の『N-1』連覇達成!10.10大阪で丸藤正道からGHCヘビー級王座奪取を宣言!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事