【新日本】BULLET CLUBが本隊に勝利!ベルト殴打でKENTAが棚橋のIWGP USヘビー王座に照準!10.21 日本武道館

21日、新日本プロレスは東京・日本武道館で『G1 CLIMAC31 優勝決定戦』を開催。

G1 CLIMAX 31 優勝決定戦
【日時】2021年10月21日(土) 16:30開場 18:00開始
【会場】東京・日本武道館

第3試合で新日本隊 vs BULLET CLUBの8人タッグマッチが行われ、チェーズ・オーエンズ本間朋晃に勝利した。試合後、IWGP USヘビー級王者の棚橋弘至の赤いベルトをチェーズ・オーエンズが手にすると、KENTAもベルトを引っ張る。互いに次の挑戦者への主張を繰り広げるも最後はチェーズが折れてKENTAが棚橋弘至に挑むことでユニット内の議論は収まった。KENTAが棚橋弘至のUSヘビーに照準を定めた。

試合経過は下記の通り

タイガーマスクはキレのあるタイガー殺法でBULLET CLUBをなぎ倒す

棚橋弘至はドラゴンスクリューでチェーズ・オーエンズやKENTAを次々と倒す

本間は小こけしやこけしロケット等、次々と頭をヒットさせていく

真壁は豪腕でタンガ・ロアを場外に弾き飛ばす

最後はチェーズが本間をパッケージドライバーで沈めた。

▼第3試合 30分1本勝負

タイガー・マスク ✖本間朋晃 真壁刀義 棚橋弘至 vs 〇チェーズ・オーエンズ タンガ・ロア タマ・トンガ KENTA

10分41秒  パッケージドライバー→体固め

勝利したチェーズ・オーエンズは棚橋弘至に猛アピール

ベルトに挑戦させろと意思表示する

棚橋もこれに応じる姿勢をみせ、あわやIWGP USヘビーの次期挑戦者はチェーズ・オーエンズで決まりか?と思われるが…

棚橋の背後からKENTAがUSヘビーのベルトで棚橋を激しく殴打する

倒れた棚橋をしり目に「挑戦するのは俺だ」と互いに主張するチェーズとKENTA

最終的にチェーズが折れてKENTAがベルトを手にし、TooSweetポーズでBULLET CLUB内で大団円

KENTAが次期挑戦者に名乗りをあげた

花道ではチェーズのテキサスヘビー級と共にベルトをエアギターにしてかき鳴らすアピール

次ページ、チェーズとKENTAの猛アピールに怒りの声をあげる真壁とタイガーマスクのバックステージコメント

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事

Pages 1 2