【新日本】IWGP世界王者・鷹木がザックとタッグ前哨戦で裏STFを披露しDOUKIから勝利「11.6大阪、鷹木信悟の真骨頂を見せてやる!」<10.31郡山:全試合結果>

新日本プロレスは10月31日(日) 、福島・ビッグパレットふくしまにて『Road to POWER STRUGGLE』第7戦を開催。

秋のビッグマッチである11.6大阪決戦『POWER STRUGGLE』に向け、各選手たちが前哨戦を中心に激闘を展開。

メインでは、11.6大阪で行われる「IWGP世界ヘビー戦」の前哨マッチとして王者・鷹木信悟が高橋ヒロムとタッグを組み、ザック・セイバーJr.&DOUKIと対戦。

試合はザック・セイバーJr.を意識して鷹木がDOUKIを裏STFで絞り上げギブアップを奪った。

勝利を手にした鷹木はマイクを手に取り「ザックの野郎はよ、俺に対して、『お前にはテクニックがない。パワーしかない』とか言ってる。オイオイオイ! 何を言ってんだよ!? そんな単純なことで、このベルトを維持できるわけねぇだろ? なあ、オイ!?今週の土曜日、11.6大阪! 鷹木信悟の真骨頂を見せてやる!」とアピールを行った。

※全試合結果&試合後バックステージコメント全文掲載

『Road to POWER STRUGGLE』
日時:2021年10月31日(日) 14:00開場 15:00開始
会場:福島・ビッグパレットふくしま
観衆:700人

<試合結果>

▼第1試合 10分1本勝負
中島 佑斗 △
vs
大岩 陵平 △
10分00秒  時間切れ引き分け

■試合後バックステージコメント

中島「ああ、クソッ! クソッ……やっと戻ってこれたと思ったのに……。ああっ、クソッ! この一番下から、絶対はい上がります。ありがとうございました」
――デビュー戦でケガをして、後輩の2人に追い越されたという気持ちはありますか?

中島「あります! 自分がいま、一番下っていうのはわかってます。でも自分、ずっとこのプロレス、新日本に入るのが夢で、トライアウトも何回か落ちてて、(※時折、言葉を詰まらせ)それでもずっとあきらめてなくて。…………(※目からあふれる涙を指で拭いながら)デビュー戦でケガして、下の子たちに追い越されて、ぜんぜん…………もう……たくさん練習してもっと、強くなって、這い上がって、全員“まくって”見せます。ありがとうございました」
 
 
大岩「やっと、やっと、中嶋先輩と闘うことができましたが、勝てませんでした。入門したときからずっとお世話になって、一番いろんなことを教えてくれた先輩でしたが、リングに立ったら、自分が一番勝ちます。次、中島さんとシングル組まれることがあったら、絶対勝ちます。あの人は腕ケガしてるんで、腕しか狙いません。リングアウトそんなこと関係ないです。ありがとうございました」

▼第2試合 30分1本勝負
藤田 晃生 ×
ロビー・イーグルス
vs
金丸 義信 〇
エル・デスペラード
11分01秒  逆エビ固め

■試合後バックステージコメント

デスペラード「…………(※しばらくの沈黙ののち、ボソッとしゃべる感じで)あぁ……あ~あ、そうだな……。『次、俺が(ベルトを)獲り返す』って言ったら、『ふざけるな』って言われちゃったよ。なんだよ……哀しいなぁ……。哀しくて、明日から何するかわからんぞ、ロビー……。う~ん、いつまでも俺がおとなしくしてると思うなよ。な? やられたぶんやり返すなんてのは当たり前の話なんだよ。熨斗(のし)つけるなんてのも当たり前。みんなやってることだ。当たり前のことをやるだけの男だと思うな……」
 
※金丸はノーコメント
 
 
藤田「ギブアップして、ギブアップして、負けることが当たり前じゃないです。どんな手を使っても、反則ギリギリでも、ひとつでも食って、ちょっとでも焦らせて、先輩方を倒さないと。ヤングライオンだから負けるとか、そんなんじゃないです。プロの世界に入らせてもらったんで、このプロのリングで、必ず借りを返します。ありがとうございました」
 
※イーグルスはノーコメント

▼第3試合 30分1本勝負
本間 朋晃 ×
矢野 通
vs
アーロン・ヘナーレ 〇
グレート-O-カーン
10分52秒  Streets of Rage→片エビ固め

■試合後バックステージコメント

オーカーン「アマチュアレスリングを見たいんだろ、福島の愚民ども? ヤングライオンを使って技を1個1個見せてやってる余を野口英世以上に褒め称えろ! 矢野はレスリングを余に教えると言っておきながら、ぜんぜんできてないからなぁ~? そういえばイギリス侵略時代はアマチュアレスリングの道場を開いていたな。レスリングを教えるのは余のほうが得意なようだな、矢野ちゃん?」
 
ヘナーレ「このツアー.オーサカ(11.6)まで残り何試合だ? サイタマ(11.1熊谷)とコマツ(11.4)、2試合か。ファンのみんなは、この大会のチケットはもう手に入れたか? オーサカまで待たなくても、ヤノがクツにキスをするところが見られるぞ。みんな、その瞬間を見逃すなよ。俺はそれをサポートするために、あいつらのレバー(肝臓)にパンチをブチ込んでやるだけだ」
 
 
矢野「オイ、オイ、投票の時間は、もう終わるぞ、お前! なんの策も立てねぇお前は、バカだろ!」
 
本間「俺は、今日は今日、昨日は昨日、今日は今日。寝る、ほんで、俺はもうその先の『WORLD TAG LEAGUE』、真壁といくことしか考えてない、。絶対、テッペン獲ってやる」

▼第4試合 30分1本勝負
田口 隆祐 ×
真壁 刀義 
vs
BUSHI
SANADA 〇
8分50秒  オコーナーブリッジ

真壁「オイオイオイオイオイ、“あれ”はねぇだろ!? ここのお客様が見たいの、“これ”じゃねえだろ!? コノヤロー、ふざけやがって。(カウント)ツーだぜ、ツー。スリーなんか入ってるわけねぇだろ。あのレフェリーの若造がおかしいんだ。どう考えたってツーだろ!? 田口がスリー獲られるわけねぇだろって! ああ、話になんねぇ、コノヤロー。話になんねぇよ。今度は田口といっしょに、あのレフェリーもろともよ、あいつら潰してやるよ。それで文句ねぇだろ。もちろんロス・インゴは、SANADAとBUSHIだ。SANADAとBUSHIと、俺と田口とやらせろ。レフェリーはあの野郎だ。3人とも潰してやる」
 
田口「なんだあの最後の、あの最後の体位はなんだ? ワケわからないうちに、うまくみっつ獲られちゃったよ。いや、みっつ入ってないな。2.……2.69だな。2.69だ。2.969かもしれない。みっつは入ってない。みっつは……。誤審だな、これは。誤審……もう1回ですね、もう1回。あとは………………ないです」

※SANADA&BUSHIはノーコメント

➡次ページ(後半戦)へ続く

<写真提供:新日本プロレス>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

Pages 1 2 3