【ノア】拳王「新たな夢の扉を開ける」<1・1日本武道館決戦への道①>

【2021年の金剛メンバーに対しての見解】

――金剛にはいろんなメンバーがいますが、そのメンバーに対して、この1年を振り返って拳王選手から見た、それぞれの選手の印象をお聞かせください。

         ©CyberFight

拳王 中嶋は、GHCのベルト持って真摯にやってきて、結果としてヘビーのベルト持っているというのは活躍した1年だったと思う。他のメンバーに対しては、ベルトも巻いていないし、なんか自分と中嶋の後ろに隠れてるような存在だからな。まあ、亜烈破は入ってきたばっかりだったけど、そこらは金剛として強い信念持って考えて2022年迎えてもらいたいなと思うな。

――各々の選手に対して、そういうメッセージを発したり、バックヤードや普段も含めて、何か「こうしたほうがいいよ」ということはあるんですか?

拳王 そんなの言ってる時点で金剛じゃないなと思うな。自分の意思、考えで先頭立って、俺の背中を見て、考えるのが金剛だと思うので言う必要がないよな。

――なるほど。各々が自己発信できるメンバーとして確立して、自分で立ってこいと。

拳王 もちろん。それが金剛だからな。それで「何かアドバイスください」とか言うんだったら「もう金剛辞めてくれ」っていう感じだよな。

――例えば2022年は、金剛メンバー新加入もあったりするんでしょうか?

拳王 プロレスリング・ノア、プロレス界に新しい刺激を与えていくのが金剛だから、そういうのも考えているぞ。

――これは、プロレス的な楽しみとしてはすごくありますよね。

拳王 もちろん。

――メンバーが増えたりすることによって、新たな組み合わせ、マッチメイクも広がりますし、そういう部分でもいいなと思います。

【自身の誕生日について】

――2022年 1月1日に改めて誕生日を迎えられます。日本武道館で誕生日を迎えられる心境はいかがですか?

拳王 自分の夢だった日本武道館。そこで誕生日を迎えれるっていうのはすごい幸せなことだなと思う反面、やっぱりメインで一番最後に入場するっていう夢を持っていたからな…それを実現できなかったっていう悔しい反面。だから、それも100対0だと思う。

――なるほど。やっぱり100と0でどっちでも言えると。

拳王 だな。50と50ではないっていう。

――嬉しい気持ちもあるし、0の気持ちもあると。

拳王 そうだ。50ではないよな。100、0だな。底は0っていう。

――ネクストに夢が続いていくという部分では、拳王選手にとっては、今後もまだまだチャレンジできる喜びも残りますよね。

拳王 「日本武道館に連れて行く」っていう言葉は実現したんだが、さらに大きな夢が生まれたからな。それはそうだよな、大きくなっていくのが夢だと思うので。実現したらさらに大きくなっていくのが夢だと思うから、夢を一生追い続けていきたいなと思うぞ。

 

次ページ:1/1日本武道館大会に向けての意気込み

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

Pages 1 2 3 4