【ノア】潮崎豪「GHCを取り戻してノアの戦いを世界に広める」<1・1日本武道館決戦への道③>

プロレスリング・ノアは新年1月1日に日本武道館大会『ABEMA presents NOAH “THE NEW YEAR” 2022』を開催する。

2021年は怪我による長期欠場となった潮崎豪に、今大会で復帰早々に中嶋勝彦の持つGHCヘビー級王座に挑む意気込みをインタビューした。

欠場期間の振り返りや日本武道館メインでの中嶋勝彦戦に向けた思い、GHCヘビー級ベルトに対する思いと、2022年の目標を語った。

【欠場期間の振返り】

――欠場期間の振り返りということで、どのように手術後は過ごしてましたか?

潮崎豪(以下、潮崎) 手術後は、自分が想像していた以上に何もできなくて。手術して、1ヶ月、2ヶ月は装具にクッションみたいなものを挟んで、体に近づくと外側に動く力が働くので、それもさせないようにずっと固定してましたね。

――少しでも動かすと痛いような感じなんでしたか?

潮崎 痛いですし、ちょっと揺れたりするじゃないですか、体を動かして。それでも痛いぐらいだったんで。何もできずが2ヶ月くらい。

――術後、2ヶ月その状態だと不安というか、その気持ちの立て直しも大変だったんじゃないかと思いますが、いかがですか。

潮崎 その時点で早くも焦りというのが出ましたし「俺このまま復帰できるのかな?」っていう焦りが出ましたね。で、そのときにちょうど小橋さんのジムに行く機会があって。小橋さんと会って「どうだ、調子は?」みたいな話になったときに「まあ、焦るな」と。「今はしょうがなくて休まないといけないけども、休めるときに休んで動かせるようになって、トレーニングとかできるようになって思い切りやればいいよ」って。それで「焦って動かしたりしたら、また酷くなるのが一番ダメだからな」って。それはもう当たり前のことなんですけど「俺はそれをやってきて、ちょっとまた痛い思いをしたりしたから」っていう風に言われたときに、すごい説得力というか、それを聞いて「あっ、じゃあ休もう」と思って。なんかスッとこう入ってきたものがあって。なんかそれで焦りとか、そういうものっていうのはだいぶ和らいだっていうのはありますね。

――休んでいる間はノアの試合や情報は入ってきていたんですか。それとも、敢えてシャットダウンしていましたか。

潮崎 まあ、Twitterを触ったり、いろいろ見たりしていると、どうしても上がってくるので。

――入ってきますもんね。

潮崎 はい。その分ぐらいですね。

――あまり深入りはせずに。浅いところだけを「ああ、今こうなんだ」っていうところだけを感じていたと…

潮崎 はい。それを見て深く入ることで、また焦るじゃないですか。だから、それももう焦らないようにっていうのを自分自身で心がけていたものがありますね。

――なるほど。リハビリ期間もかなりきつかったと思いますが、いかがですか。

潮崎 そうですね。ずっとこの状態で固定してるので、自分では動かさないので、段々、段々動かし方を忘れていくんですよね、人間は。だから、リハビリでその装具を取って、動かすってなっても動かせない。動かすことができない。

――動作をちょっと忘れているというか、腕自体もそんなに装具をはめていたら細くなりますよね。

潮崎 細くなりましたね。

――僕も過去にやったことがあるけど、すごい細くなってしまいました。

潮崎 「うわっ、これ大丈夫?」っていうぐらい。不安がもう大きかったですね。

――そこから、復帰までの間にトレーニング再開して、今まで持ち上げれたものがすぐには持ち上げれないじゃないですか。その辺りはどういう風にやっていったんですか?

潮崎 徐々にやっていけば、重いのも上がってくると。でも、そのトレーニングしているときは、なんていうんですかね。疲労感。重さをやったときの疲労感を感じないと気が済まないじゃないですか、トレーニングしているときって。だから、重いのを上がんないけど、軽いやつで筋肉に効かせようとか、そういうやり方にちょっとシフトチェンジしてトレーニングはやっていましたね。

――プロレスラーは練習して疲れるのが快感だったりする部分があると思うので、そのデッドゾーンを越えないようにセーブする辛さみたいものがあったんじゃないかなと思います。

潮崎 このリハビリ期間中でトレーニングできるようになったとしても、そんな100%まではいけないので。それをいかにごまかすかっていうので、悩んだというのはありますね。

――周りの支えが力になったりもあったのですか?

潮崎 Twitterで割とファンの皆さんの「潮崎がどうのこうの」「やっぱり潮崎がいないと」っていうツイートを見たりしたときには、自分自身、焦んのかなって思ってたんですけど、見たら、それで逆に落ち着ける。

――自分の居場所がちゃんとあるんだという感じなんですかね。

潮崎 待ってくれている人たちがいるっていうのを確認できたのがよかったですね。それがあったからこそ、焦らず無事に復帰できたんだと思います。

――今の回復具合は、何%ぐらいでしょうか?

潮崎 自分の中での回復具合としては、100%っていう。ここから、より100%、120%、150%、200%にしていく状況ですね。

 

次ページ:1/1中嶋勝彦戦に向けての意気込み

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事

Pages 1 2 3