【崖のふち女子】1・4新宿大会 全面対抗戦でプロミネンスの世羅りさ勝利で松本都を引き抜きへ!「フリーはマジで大変というのをわからせてやる」と意気込む松本が驚きの事実を告白!

崖のふち女子プロレスは30日、都内にて1月4日新宿FACEにて行われる『時計じかけのふち2022~ふちvsプロミネンス全面対抗戦~』についての記者会見を行った。

会見には年内を持ってアイスリボンを退団、ハードコア・デスマッチユニット「プロミネンス」として活動する、世羅りさ、宮城もち、藤田あかね、鈴季すず、柊くるみと崖のふち女子プロレス代表の松本都が出席し、全面対抗戦への意気込みを語ったが、松本の引き抜きや思わぬ話の展開となった。

まず世羅が崖のふち女子プロレス参戦の経緯に関して説明。

世羅「この度、我々プロミネンスが崖のふち女子プロレスにフリー1発目として上がることになりまして、というのも元々代表のみやここ(松本都)とは、我々は同じ団体におりまして、そのみやここが古巣を飛び出して頑張っている崖のふち女子プロレスに、自分たちもフリー1発目で上がれるというのはとても光栄なことだと思いまして、この度はフリー1発目、崖のふち女子プロレスを選ばせていただきました。本当にありがとうございます。みやこことは結構親しくさせていただいてて、LINEでもやり取りするんですけど、自分たちが退団しますってなったときにみやここがLINEくれたんですよ。そしたら、なんか面白そうなことやってんなみたいな感じだったんで、じゃあ来る?一緒に行くみたいな話をしていたら、なんか何がどうなったのか、こういうことになったっていうのもありまして。みやここ獲得マッチなのかなみたいな感じになっちゃってますけども我々的には。でも楽しくやれたらとな思ってますので、フリー1発目暴れまわりたいと思っております。

各選手が対戦カードについてコメント

ハードコアマッチ
クリス・ブルックス vs 鈴季すず

鈴季「私自身、崖のふち女子プロレスに参戦するのは初めてでして、クリス選手への意気込みを語る前に、ちょっと一つだけ言っておきたいことがありまして。今はそうじゃないかもしれないですけど、私のデビュー当時、松本都に顔がそっくりだというふうに散々どの団体出せさせていただいても言われ続けていて、それがとてもとても心苦しく、とても嫌な思いをしたので、その当時の気持ちをクリス選手にぶつけようと思うんですけれども。クリス選手、自分もハードコア7番勝負でいろんな男子選手と戦ってはいるんですが、クリス選手が200センチ近く身長があるということで、ちょっと身長差が40センチぐらいになるかなっていうのでちょっと不安はあるんですけど、ビックな男に、ビックな技で勝って、ビックな女になってやろうと思いますので皆さんお楽しみにしていてください」

崖のふちvsプロミネンス全面対抗戦!ノーDQ8人タッグマッチ
松本都&高木三四郎&クリス・ブルックス&せのしすたぁいのうえまおwith一般人・澤宗紀 
vs 
世羅りさ&宮城もち&藤田あかね&鈴季すずwith柊くるみ

宮城「はい。改めましてこんにちは~!女子プロ界の佐々木希と言われています宮城もちです、イエーイ!スタッフ誰も笑ってないけど大丈夫ですか?笑っていいですよ。はい、ということで、話題になってしまっている我々のカード、せのしすたぁいのうえまおって誰ってことなんですけど。私は花より団子の女優の井上真央さんが来ると思ってしまったんです。崖のふちマジすごいなって思ったの。そしたら何かヒゲ生えて、何かどういうことなのかなあと思ってちょっと今すぐみやここにはここに来て説明してほしいくらいです。あと高木さんに関してはですね、やっぱ団体の社長としてやられてる方なので、そんな方となかなか絡む機会ないと思うので、リング上で踊りたいと思います!または、ギャフンと言わせたいと思います!」

藤田「その話題になってるせのしすたぁいのうえまおさんていう方はわからないんで置いておいて。高木さん、DDTの社長さんですよね。ちょっと一つ言いたいことがありまして。おたくのDDTの勝俣瞬馬というヤツが、ことごとくワシの凶器をパクっていくんですよ。まずプラスチックバット、ブロック玩具、そして最近なんと足つぼマットですよ!許されますこんなこと。まずブロック玩具を投入したのが2018年3月号、そして足つぼマットが2020年5月。あいつ全部あとからやからな。それを俺がパイオニアとか言ってるみたいなんで、それがちょっとムカつくんで、そいつはまあ次の日組むみたいなんでちょっとぶつけられないんで、社長である高木さんに全部ぶつけたいと思います」

スペシャルシングルマッチ~崖のふちルール
松本都 vs 世羅りさ

世羅「自分ですね、みやここが古巣にいたときから、崖のふち女子プロレスっていうのをやってたときからもずっと手伝ってたんですよ。常に裏方にいて、みやここの指示に従ってたんですけど。ついに自分がリング上でやるかっていうのがちょっと感慨深いなあっていうのがあるのと、崖のふちルール何だったっけって?ていうのがすごくあって。あれですよね意味わかんないやつやるやつですよね?だからその意味わかんないやつもちょっとみやここから離れてた時期が長かったんで、その感覚を未だに取り戻せてないなっていうのがあるのと。あと、みやここって素直じゃないですか、だからちょっと口説き散らかして、先ほど言ってた引き抜きの件もちょっと視野に入れようかなとは思ってます」

崖のふちvsプロミネンス全面対抗戦!ノーDQ8人タッグマッチにwithで出場

くるみ「今回初めてwithで出るんですけれども、何をしたらいいのか全然わからない状態なので、とりあえず暴れないようにだけ欠場中なので。ちょっとハイテンションになって暴れちゃうかもしれないのでそこを気をつけたいというのと、そうですね一般人・澤宗紀さん?一般人どうなんでしょうでしょうか(笑)難しいんですけれども、向こうも何してくるかわからないので、ちょっとそれで対抗して頑張っていこうかなと思います」

ーー今回全面対抗戦ということについては?

世羅「フリー1発目が全面対抗戦が組まれるっていうのは我々にとってもとても嬉しいことなので、プロミネンスの絆を見せつけるような感じで、今日も5人揃ってますから。この後、全員来るんですよね崖のふち軍もね。だからもう対抗戦たっていう形をぜひ見させてもらって、今日の時点で楽しみになるような感じで向かい合わせていただいて、当日も我々プロミネンスがもちろん勝って、フリー1発目楽しく美味しく終わりたいと思います」

ここで崖のふち軍が呼びこまれるも代表の松本都だけが登場する。

他の方は?という質問に松本は「他の方は外せない用事があるので、団体を1人で背負ってここに立っております」と説明。

ーー対抗戦については?

松本「崖のふち女子プロレスも丸一年ぶりになるんですけれども、今回、古巣から後輩たちが私と同じように独立するってことでフリー1発目、崖のふち選んでもらって本当に嬉しいです。フリー1発目って知ってますか、マジでめっちゃ大事なんですよ。私のフリー1発目はDDTさんでした。大田区(2019年7月)高木社長とスーパー・ササダンゴ・マシンさんの公認凶器として退団当日に呼んでいただいたんです。それくらいフリー1発目はめっちゃ大事なんです」

ここで公認凶器ってことは試合ではないのではという指摘が入る。

「公認凶器ですごい戦ったんです。クロちゃんに舐められたりして…やったんですけど、それを今度は受けて立つ立場になったということで、崖女も大きくなったなとすごく胸がいっぱいでおります。本当にどうもありがとうございます。でも引き抜きにあったっていうのは冗談っぽくさっき言ってたんですけど本当でちょっと見ますか?」と世羅からの誘いのLINEの証拠(12月1日の退団発表当日)があるとカメラに見せる。


証拠のLINEを暴露され崩れ落ちる世羅

「私が確かに入ったら、話題にはなると思うんですけど、でも私はCyber Fightに恩があるし、DDTさんに恩があるし、高木社長も裏切れないから…」

ここでCyber Fightは松本さん関係ないと指摘が入る。

「関係あります。Cyber Fight全部背負って立ってるんですけど(さらに関係ないと指摘が入るも無視)WRESTLE UNIVERSEの会員さんも独占配信だから、めちゃめちゃ増やしまくってDDTさんに恩を売りたいし、早くうちに来てくださいって言ってほしいし、そういった色んな人の期待を全世界から背負ってるんで」

さらに「恩を返すんじゃなくて、売られるんですね?」と指摘される。

「恩を売ります、恩を売ります。プロミネンスにも恩を売って、Cyber Fightにも売ってるんです。そんなすごい大変な試合なんです。1月4日、半月前の開催発表(新宿FACE)なんですよ。ちょっととち狂っていると思うんですけど、カウンター席とか最前列とか残り3枚とかだし、海外からもすごく期待されてるので、ぜひ会場で1番見て欲しいですが、見れない方はこうやってWRESTLE UNIVERSEで見て下さい。FACEは以前に画鋲を使って甲田さんがFACEの人にめちゃめちゃ怒られたんですけど、今回は出禁になってもいいぐらいのホントに酷い試合、大変な試合をやりますのでよろしくお願いします」

松本は意気込んでいたが、崖のふちは視聴数が低いので一昨年以来、生配信されていない事実が告げられる。

「そんなことないですよ!なんでそんなウソをつくんですか!生配信されていないとかですか?でもそれは会場都合とかだと思うんですけど…」

だが、視聴数が少なくな過ぎてと追い打ちされる。

「そんなことないですよ!そんな捏造しないでください」と反論。「海外の人気が崖女はすごいんですけど、ちょっと今回(海外から)来れなくて悲しいんですけど、でもね見えるのでぜひ皆さん、画面上からチャット?ちゃんと、ちゃんと送ってくれたらと思います」

ーー世羅選手との崖のふちルールで考えていることは?

「今までは5対5の1試合だけだったんですけど、今回初めての試みで4試合組みました。いろんな試合の思い入れはあるんですけど、世羅とのはやっぱり代表同士ですよね、だから負けたら別に私、引き抜きに応じてあげてもいいかなと思うし、それぐらい団体を背負ってやっているので。でも私が引き抜かれたら高木さんとかが悲しんでしまうからそれは絶対ありません。そしてクリスとすずのシングル。すずはホント顔が同じだし(鈴季は違うと否定)ホントに言われてるし、宮崎県(出身)だし、血が繋がってると思ってるので、クリスをプレゼントしました。あとこの2人(宮城と藤田)、せのしすたぁのまおちゃんを呼んだつもりだったんですけど。でもそこは大丈夫なんですけど(なんでと2人が不思議な表情)高木さんと試合をしたいと何年も言い続けているのに、逃げ回られてるのに、ここでカードを組んだんですよ。その意味はすごい考えてもらえたらと思っております。ぜひぜひ勝俣くんのこともやっちゃってもらって。はい、という形でございます」

ーー松本選手は団体を背負ってると思うんですけども、引き抜きは受けてもいいんですか?

松本「私が引き抜かれたら団体自体が消滅してしまうことになるから、それは絶対、まあ嬉しいですけどね。引き抜かれるなんて初めての経験だったので、でもそれは絶対受けちゃいけない提案だなと思ってます」

世羅「いいじゃないですか。最低視聴率だし、いらないってことですよたぶん。だから来ちゃって崖のふち解散しよ」

松本「そんなに私が欲しいんですか?」

世羅「そう言われたらなんか嫌になってくるけど、でもいいじゃないですか一緒にやりましょうよ」

松本「やりません、やりません、やりません。そんなね、フリーをみんな甘く見てるんですよ。最近めっちゃフリー増えたじゃないですか。全然甘くないから。2年間泥水すすりまくってきたんで、言うけどフリーはマジで大変だよ!それをこの1月4日のFACEでわからせてあげますよ」

世羅「わかりました楽しみにしてます。じゃあ、自分が勝ったら引き抜き、いいんですか?」

松本「世羅が勝ったらいいよ。なぜなら世羅、勝たないから」

世羅「なぜ?」

松本「こっち(崖のふち)は5人揃ってるからね」

世羅「こっちも5人揃ってるからね」

松本「こっちだって2年間やってきたんだからね。いいよ、5人まとめて相手するよ」

ーー松本さんはフリーは大変だっていうことですが、ギャランティはどれぐらい上がったんですか?

松本「ギャランティ自体は、これは言っちゃってもいいんですかね。試合数自体は減ったんですけど、だいたい3倍ぐらいには。(プロミネンスからどよめきが起こる)リアルな数字ですいません(笑)試合数はもちろん減りました。私も(身体に)ガタがきて13年やってて、いっぱい試合したいというわけではないので、すごくいい傾向だとは思います」

ーーそれは話を盛ってはいないんですか?

松本「盛ってないです、ホントですホントです!Cyber Fightさんのお陰でいい思いをさせて頂いております」

世羅「そんなにだったんですか(笑)」

ーー具体的に言える範囲でどれぐらい増えたんですか?

松本「だいたい週に1試合すればまあ食べてはいけるかなって(笑)すみませんウソつけないので(笑)」

ーー月に4試合で食べていけるということですか?グッズも合わせて?

松本「まあだいたいそうですね(笑)」

ーー世羅さん今の話を聞いてフリーには夢があるかと思いますが?

世羅「フリーには夢がありますね。週1回試合をすればもう食べていけるそうなので。ちょっとフリーは厳しいとのことですけども、その厳しさをねみやここから学んで、みやここ引き抜いて、そのギャラをプロミネンスに回したいと思います」

驚きの事実が明かされたが、松本は負けたらプロミネンスに引き抜かれてしまうだけに、注目の戦いとなる。

時計じかけの崖のふち2022~崖のふちvsプロミネンス全面対抗戦~
【日時】2022年1月4日(火) 開場18:00 開始18:30
【会場】東京・新宿FACE

崖のふちvsプロミネンス全面対抗戦!ノーDQ8人タッグマッチ
松本都&高木三四郎&クリス・ブルックス&せのしすたぁいのうえまおwith一般人・澤宗紀 
vs 
世羅りさ&宮城もち&藤田あかね&鈴季すずwith柊くるみ

スペシャルシングルマッチ~崖のふちルール
松本都 vs 世羅りさ

スペシャルタッグマッチ
高木三四郎&せのしすたぁいのうえまお vs 宮城もち&藤田あかね

ハードコアマッチ
クリス・ブルックス vs 鈴季すず

◆プロミネンスのフリー第1戦となる今大会は動画配信サービス『WRESTLE UNIVERSE』で独占生中継される。
https://www.wrestle-universe.com/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事