【新日本】オカダとの前哨対決2連勝のザック「レインメーカーのトップ時代はもう終わりを迎える」

新日本プロレスは4月4日(月)、東京・後楽園ホールにて『HYPER BATTLE’22』第2戦を開催。

『HYPER BATTLE’22』
日時:2022年4月4日(月) 17:30開場 18:30開始
会場:東京・後楽園ホール
観衆:526人

メインではオカダ・カズチカ&矢野通vsザック・セイバーJr.&タイチがタッグマッチで対戦。

4.9両国国技館大会で行われるIWGP世界ヘビー級戦を控える王者・オカダ・カズチカと『NEW JAPAN CUP』を制したザック・セイバーJr.が今宵も激しく前哨戦を展開した。

同じく4.9両国で『KOPW 2022』争奪戦を行う保持者・矢野vs挑戦者・タイチもタイチ提案の「ノーロープ場外押し出しマッチ」を意識した対戦となった。

終盤になってタイチがロープを外すように指示し、急遽ノーロープマッチとなった。

ザックのキレのある関節技が王者・オカダを襲う。

最後は矢野を捕らえたザックがクラーキー・キャットで締め上げギブアップ勝利を奪った。

<試合結果>

▼第7試合 30分1本勝負
矢野 通 ×
オカダ・カズチカ 
vs
タイチ
ザック・セイバーJr. 〇
19分26秒  クラーキーキャット

試合後、勝利を収めたザックはマイクを手に取り「オマエは4年前と何一つ変わってない。俺は違う。俺は成長した。オマエはしてない。オマエは疲れてて、俺は疲れてない。“レイン”はもういい。毎日雨が降ってるイギリス出身の俺にはもううんざりなんだよ。レインメーカーは終わる。」

➡次ページ(試合後バックステージコメント)へ続く

<写真提供:新日本プロレス>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

Pages 1 2