【新日本】モクスリーとオスプレイが危険なシングル初対決!勝利したモクスリーが棚橋を挑発「この俺がアイツをぶっ潰す!」

新日本プロレスはアメリカ現地時間・4月16日(土)、 イリノイ州シカゴ・Odeum Expo Centerにてビッグマッチ『Windy City Riot』を開催した。

『Windy City Riot』
日時:2022年4月17日(日) 18:00(CT)開場 19:00(CT)開始
会場:アメリカ・Odeum Expo Center(イリノイ州シカゴ)
観衆:2,277人(札止め)

メインではジョン・モクスリーとウィル・オスプレイが注目のシングル初対決が行われた。

試合序盤から華麗な動きでオスプレイはモクスリーを翻弄。

途中イスを投げつけモクスリーを流血に追い込む。

流血戦となったモクスリーはパンチ主体の攻撃で反撃ののろしを上げるがオスプレイも持てる力を最大限発揮し応戦。

終盤になるとオスプレイの放ったヒドゥンブレードをモクスリーはラリアットで迎撃、カーフストンプを繰り出し、最後はデスライダーを連発で繰り出し激闘に終止符を打った。

▼第8試合 60分1本勝負
スペシャルシングルマッチ
ジョン・モクスリー 〇
vs
ウィル・オスプレイ ×
21分24秒  デスライダー→体固め

試合後、勝利を収めたモクスリーはマイクを手に取り「正直言って、過酷な戦いだった。俺はウィル・オスプレイってのはただの甘やかされた、才能はあるが生意気なガキだとばかり思ってた。だがこいつはとんでもない意地を持った奴だ。オスプレイがまた俺とやりたいと言うのなら、簡単に俺を見つけられるよな。俺は今、ウィル・オスプレイ対してリスペクトの感情しかない。俺が最高の相手と戦いたいと言った時、自ら進んで手を挙げたのがウィル・オスプレイだった。こいつは逃げも隠れもしなかった。その点ではこいつは他のニュージャパンのレスラーやレジェンドたちよりも強い心を持っていると言える。」と激闘を繰り広げたオスプレイを称えた。

続けて「今、俺はこいつのことをヒロシ・タナハシ以上に認めている!タナハシ、(棚橋と戦いたいと言ってから)もう3年近く経つが、お前はずっと逃げ回っている。俺は辛抱強く待ち続けたし、心から敬意を表してきたと思っている。だが、さすがの俺ももうこれ以上は待てない。もうリスペクトがどうのこうの言ってられない…。ワシントンDC…ヒロシ・タナハシ、お前が俺の挑戦を受けるというなら、これが最後のチャンスだ。お前に選択肢を二つやろう。一つは、お互いに了承し握手を交わして、ワシントンDCのリングで向かい合う。それとも、お前が俺の挑戦を受けないというのなら、お前の長髪のポニーテールを引っ張って、無理矢理でもワシントンDCに連れて来させる。ヒロシ・タナハシ、この俺がニュージャパン・プロレスの“新エース”だ!」と棚橋に宣戦布告。

➡次ページ(試合後バックステージコメント)へ続く

<写真提供:新日本プロレス>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

Pages 1 2