【“世界の究極龍”ウルティモ・ドラゴン インタビュー】<闘龍門、再会。vol.2>教え子たちが再び集結する大会に向けて思いを語る!

「闘龍門、再会。vol.2」“世界の究極龍”ウルティモ・ドラゴンインタビュー「同窓会でありながら未来を見据える。何が起こるかわからない。とにかく会場に来てください!」

 1999年1月31日に衝撃の日本逆上陸を果たした闘龍門は、ウルティモ・ドラゴンがメキシコに開設したプロレス学校である。

プロレスラー養成学校、しかも海外という前代未聞のアイデアから生まれた選手たちはメキシコでトレーニングを積み、日本に凱旋する形でキャリアを重ねていった。

いまでは各主要団体にウルティモの遺伝子が受け継がれていると言っても過言ではなく、闘龍門がなければ現在のプロレス界はどうなっていただろうかと思うほど、多大な影響を日本マットにもたらしたのである。

2004年にはDRAGON GATEが闘龍門から独立したが、19年にウルティモが参戦。

そして20年1月31日、逆上陸と同じ日、同じ後楽園ホールで「闘龍門、再会。」という同窓会興行が開催された。今年6月3日には2年4カ月ぶりに第2回大会が実現。

そこで、大会を前に“闘龍門校長”ウルティモ・ドラゴンにインタビュー。

教え子たちが再び集結する大会に向けての思いを聞いた。(聞き手:新井宏)


(C)2022 DRAGONGATE

――「闘龍門、再会。vol.2」が6月3日(金)東京・後楽園ホールにて開催されます。まずは、20年1・31後楽園ホールでの第1回大会を振り返っていただきたいのですが。

「久しぶりに昔の仲間が集まったわけですけども、ただ、自分とみんなの仲間たちの関係って違うじゃないですか」

――そうですね。ウルティモ選手は教える立場の校長であり、闘龍門で学んだ選手たちはプロレス学校の教え子ですね。

「そうです。なんといっても選手たちが喜んでたんじゃないですかね」

――大会後、選手から感想など聞かれましたか。

「昔を思い出して楽しかったので、また集まれたら是非(やりたい)、という声を聞きました。みんなで集まれたことが、なによりもうれしかったみたいですね」

――こういった大会でもない限り、選手たちが集まる機会はほとんどないでしょうからね。とはいえ、ただの同窓会としては終わらなかったことが、さすが闘龍門だと思いました。たとえば、闘龍門時代のユニットが復活しただけではなく、当時のDRAGON GATEのユニットが乱入。闘龍門とDRAGON GATEの遭遇という、ありえないことが起こりました。

「そうですね。レジェンドの興行って懐メロ的な感じがあって、昔を思い出して昔のファンの方が来る。もちろん、それはそれでいいと思うんですけど、ただ、業界的に言ったら未来がないというか、我々としてはいつも何かを発信していないといけないと思うんですよね。懐かしさから、さらに新しいものを生み出していかないといけない。それって自分たち、プロデュースしている者の使命だと思うんですよ。クラシカルなファンの人の中では、現在進行形のDRAGON GATEの選手たちが乱入してくるのはどうかというのもあったんですけど、自分の考えとしては違うんです。そこでまた新しいものが生まれれば、それが一番いい形になるんじゃないかと思うんですよね」

――懐かしいと言っても、闘龍門出身の現役の選手たちは現在進行形であり、まだまだ老け込むようなキャリアでもなければ、レジェンドというほどの大ベテランでもない。過去と現在の融合が新しく、大会の新しい形を見たような気がしました。逆上陸したときもまったく新しいプロレス、新しい大会の形を見たのですが、前回もまた違った意味で新しい形があったように思います。

「なるほど。そうですね」

――前回の試合後のコメントで、ウルティモ選手の方から「一年に一度くらいこういう(同窓会的な)大会があってもいいのかも」という発言がありました。ただ、そのあとに新型コロナウイルス禍によって世界が変わってしまいました。社会情勢が通常であれば、昨年も開催される予定だったのでしょうか。

「あのときはとにかく通常の興行をこなしていくのが精いっぱいで、まったくそういうことは考えてなかったです」

――本来の興行をやれるかどうか、というところでしたからね。

「そうなんですよ」

――世界的にみると、日本は制限がありながらも有観客興行が早く復活した方なのですが、ウルティモ選手が拠点としているメキシコはどうでしたか。つい最近、メキシコの大会に出場されましたよね。AAAのトリプレマニア(4月30日、モンテレイでペンタゴンJrに勝利)、元WWEのスーパースターと組む試合もありました(4月28日アグアスカリエンテスでアルベルト・エル・パトロン&カリートとトリオ結成)。

「ええ、出ましたね。いまはもうメキシコの大会は通常通りにやってますね。メキシコ、アメリカとも戻りましたよ。メキシコでは声援もありましたし活気がありました。アメリカやメキシコでプロレスのような興行をやってお客さんを入れた時点で、静かに見てろというのは無理ですよ(笑)」

――確かに無理ですね(笑)。

「楽しみに来てるのでね。やるということは、お客さんの声援で盛り上がるってことですから」

➡次ページへ続く

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事

Pages 1 2 3 4