【WWE】次期挑戦者マッキンタイアがCATCを前に王者の“右腕”ウーソズを撃破

ノースカロライナ州ローリーのPNCアリーナにて行なわれたスマックダウンが日本時間8月14日に配信された。


©2022 WWE, Inc. All Rights Reserved.

WWEユニバーサル王座挑戦者ドリュー・マッキンタイアが「WWEクラッシュ・アット・ザ・キャッスル(CATC)」を前に王者ローマン・レインズの“右腕”ウーソズを撃破した。

先週、マッキンタイア襲撃したカリオン・クロス&スカーレットがバックステージに現れると「混沌の中にチャンスは潜んでいる。俺たちは壊れたおもちゃのように軽視されて復讐のチャンスを待っていたんだ」と襲撃理由に言及して入場するマッキンタイアを陰から監視した。リングに登場したマッキンタイアは「先週クロスに襲撃されたが、ノックアウト、病院、墓地の 3 つの選択肢がある」と警告すると不在のレインズには「俺はレインズと違って1人でレスナーを倒したぞ」と2020年4月の「レッスルマニア36」を持ち出して侮辱した。

するとマッキンタイアはそこに突如1人で現れたスカーレットに油断するとウーソズに奇襲を仕掛けられて1Dで撃沈したが、バックステージではウーソズにやり返すと3人はタッグ戦で対戦することに。


©2022 WWE, Inc. All Rights Reserved.

序盤、マッキンタイアは1人でウーソズに攻め込むと連携攻撃やチープショットに苦戦したが、試合途中にマッドキャップ・モスが加わって反撃。終盤にはサミ・ゼインの介入からジミーのスーパーキック、ジェイのウーソズスプラッシュを浴びてピンチとなるも、最後はジミーにクレイモアを叩き込んで激勝した。


©2022 WWE, Inc. All Rights Reserved.

試合後にはジェイにDDT、ゼインにクレイモアを叩き込んで一掃すると「レインズにメッセージを送ったぞ」とリングを去るウーソズを指差して挑発した。ウェールズ・カーディフで開催される30年ぶりの英国スタジアムイベント「WWEクラッシュ・アット・ザ・キャッスル」は日本時間9月4日にWWEネットワークで配信される。

スマックダウン短縮英語版(WWE YouTubeチャンネルで毎週日曜日に配信)
https://youtu.be/OW-Helrk8B0
WWEネットワーク
http://network.wwe.com

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加