【IGF】小川直也「令和猪木軍」総監督、正式就任! 生前の猪木絶賛、イゴール・タナベ参戦! ジョシュも「我が師・猪木さんのために」

12.28 INOKI BOM-BA-YE×巌流島in両国大会コンセプトは“過去のレガシーで未来を見せる“

12月28日に両国国技館で開催される、猪木追悼イベント『INOKI BOM-BA-YE×巌流島in両国』の参戦メンバーが発表された。

今大会のコンセプトは、“過去のレガシーで未来を見せる“。総合プロデューサーに抜擢された谷川貞治氏は、猪木さんの闘魂を受け継ぐ若手中心の「令和猪木軍」を結成し、世界の未知の格闘技と「異種格闘技戦」の対抗戦を計画している。

その「令和猪木軍」の総監督に、晩年の一番弟子・小川直也氏が正式就任。

また、大会発表と同時に世界各地より「ぜひ猪木さんのメモリアルイベントに出たい!」というファイターからの問い合わせが殺到しているそうだが、そのなかより現パンクラスのヘビー級王者でもあるジョシュはアントニオ猪木とカール・ゴッチを師として仰ぐだけに「我が師、猪木さんのためにも、どうしても出たい!」と電撃参戦が決定。しかもジョシュは「新しいことにチャレンジしたいので、巌流島ルールでもOK!」と申し出ているとのことで、「猪木軍のキャプテン」的存在として期待される。

そして生前の猪木氏が目を輝かせて可能性を絶賛していた、日系ブラジル人のイゴール・タナベも参戦決定。

イゴール・タナベは、『INOKI BOM-BA-YE』の第1回大会が開かれた2000年生まれの23歳。身⻑184センチ、体重90キロの体格で、柔術界では「日本最強の黑帯」と呼ばれるほどの実力者。3年連続全日本ブラジリアン柔術日本一、またノーギでも2年連続でゴールドメダリストに輝いている。さらにヨーロピアンやパンアメリカン、ムンジアルなどのメジャー柔術トーナメントで優勝するなど、常に上位3位に入るという快挙を成し遂げている。その実力はRIZINで活躍しているサトシ・ソウザやクレベル・コイケとも何らひけを取らないスーパー級の実力者だ。

対抗戦は7試合から9試合を予定しており、今後発表されるであろう残りのメンバーも楽しみである。 

 

▼12.28『INOKI BOM-BA-YE×巌流島in両国』・大会概要
https://ganryujima.jp/?grjm_events=inoki-bom-ba-ye-x-
%e5%b7%8c%e6%b5%81%e5%b3%b6-in-%e4%b8%a1%e5%9b%bd

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加