【新日本】海野3度目の正直ならず!オスプレイが海野との激闘を制し1.4ドームでケニー・オメガ迎撃

新日本プロレススターダムは11月20日(日)、東京・有明アリーナにて史上初の合同興行『Historic X-over』を開催。

【新日本プロレス×スターダム合同興行】
『Historic X-over』
日時:2022年11月20日(日) 15:30開場 17:00開始
会場:東京・有明アリーナ
観衆:7,102人

第8試合のセミファイナルではIWGP USヘビー級選手権試合が行われ、王者ウィル・オスプレイに海野翔太が挑戦。

海外修行から凱旋帰国を果たした海野翔太は筋骨隆々の体に仕上げて3度目のオスプレイとのジングルに挑んだ。

対オスプレイに2連敗を喫している海野は闘志むき出しのファイトでオスプレイを追い込むも、技・スピード・テクニックを兼ね備えた王者は猛反撃を開始し、海野をKO寸前に追い込む。

KO寸前の海野に対し、レフェリーが試合を止めようとするも海野がそれを制止する場面も。

最後は粘る海野をオスプレイがストームブレイカーを決め、勝利した。

<試合結果>

▼第8試合 60分1本勝負
IWGP USヘビー級選手権試合
<第16代チャンピオン>
ウィル・オスプレイ
vs
<チャレンジャー>
海野 翔太 ×
23分30秒  ストームブレイカー→片エビ固め

※オスプレイが4度目の防衛に成功

そして試合後にまさかの展開が待ち受けていた。

現AEWのケニー・オメガがスクリーンに現れ場内にどよめきが起こった。

ケニーはスクリーンで「久しぶりだな、新日本プロレスの皆様。なんでここにいると思う?AEWを旗揚げしてもう、新日本には出なくていいと思った。(俺の)”次”が必要だったよね。そして、俺の次は誰だった?もちろん、それは素晴らしい、なんでもできるウィル・オスプレイだ。どうなりましたか。ほら、見てください。お客さん、少なくなったし、応援、全然聞こえない。もちろん、それはパンデミックのせいですよって、よく言われるんだけどそれは本当ですか?本当のパンデミックは、オマエだと思う、ウィル。オマエとほかの”Google Translate”の外国人選手、みんなはただ、ケニー・オメガのモノマネをしようとしてる。だから、驚くことに新日本から電話がかかってきた。正直いうと、あんまり興味ないです。でも、もう一回、ファンのために、プロレスのために、ウィル・オスプレイとケニー・オメガの違いを見せます。オマエの会社を救ってやるよ。世界をもう一度変えてやるよ。オマエがやったことは忘れてないし、許してはいない。『WRESTLE KINGDOM17」で会おうぜ。じゃあ、それまで元気でな。Good Bye.And Good Night」と1.4東京ドーム大会に電撃参戦が決定した。

それを受けてオスプレイは「俺に言わせれば、アイツは出て行った者で、俺は残った者だ。俺は会社が苦しんでいる状況の中でも動かし続けたぞ!今になって戻ってきたいだと?喜んで受けてやるよ!『WRESTLE KINDGOM』でケニー・オメガvsウィル・オスプレイだ!」

➡次ページ(試合後バックステージコメント)へ続く

<写真提供:新日本プロレス>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

Pages 1 2