【ノア】元日日本武道館で激突!新時代を牽引する令和の黄金カード、清宮海斗vs拳王 インタビュー!

プロレスリング・ノアが2023年1月1日に日本武道館大会でGHCヘビー級王座をかけて戦う王者・清宮海斗と挑戦者・拳王にインタビューを行った。

ライバルとの大一番について、そして同じ大会にラインナップされたグレート・ムタvs SHINSUKE NAKAMURA、丸KENタッグの再結成について、今のノアを牽引する両選手はなにを思うのだろうか。



【拳王インタビュー】

——GHCチャンピオンとはどういった存在でしょうか。

拳王「GHCチャンピオンって崇高なる王者って言われているじゃん。スポーツ選手もそうだし、色々あるんだけどそれ以上のものだと思うんだよね、崇高なるって。やっぱり俺のなかでは崇高=神だと思っているから。神ぐらいの存在がチャンピオンだと思う。でも今のGHCチャンピオンに神はいないよ。神なんてすぐになれるもんじゃないと思う。だが、時間をかけて俺が神の存在になってやろうと思っている」

——清宮海斗選手は王者としてふさわしいと感じていますか。

拳王「あいつは神にはなれないね。憧れられる存在にはなると思うよ?なんだったら今子供がなりたい職業1位のそこら辺のYouTuberだよ。だからYouTube始めたんだろって。あいつはね、憧れられる人にはなれると思う。だがGHCヘビー級チャンピオンは違うだろ。神にならないといけないんだよ」

——清宮選手から拳王選手はどのように映っていると感じていますか。

拳王「あいつは俺のこと大好きだろ」

——元日に誕生日を迎えるという事になりますが、現在の心境はいかがですか。

拳王「もう歳はとりたくないね」

——グレート・ムタvs SHINSUKE NAKAMURAの試合を超えるためには何が必要だとお考えでしょうか。

拳王「確実に試合前から負けているとは思う。話題性において。でもそれを超えようと思わないとノアに未来ないでしょ。どうにかしてでも超えてやろうとずっと考えて。1月1日まで考えつくして戦いたいと思っているね。とにかくGHCヘビー級選手権を見ろよ」

——元日に丸KENタッグが再結成されることについてはいかがでしょうか。

拳王「丸藤・KENTA、あれはノアで一大ブランドを作った奴らだから。三沢、小橋、田上、秋山、その後は丸藤・KENTAだと思うんだよね。その後、ノアでブランドを作れたかというとこれといってないと思う。だからね、丸藤・KENTAの後のブランドは拳王だって。俺一人でブランドを作ってやろうと思っている」

——最後に王者の清宮海斗選手にメッセージをお願いいたします。

拳王「清宮、お前は日々頑張っているよな。本当に頑張っていると思うよ。俺もお前がめちゃくちゃ頑張っていると認めるよ。日々大変だな。日々忙しいよな、頑張っているよな。だがな、頑張っているだけじゃダメなんだよ。オイいいか、頑張っているのが認められるのは日常生活だけだ。俺たちはプロなんだぞ?プロフェッショナルだ。客のクソヤロー共に非日常を見せないといけないんだ。頑張っている以上のモノをもっと見せてくれよ。見せてくれないんだったらな、俺が1月1日元日、日本武道館で頑張っているだけの清宮海斗、つぶしてやるからな」

【清宮海斗インタビュー】

——GHCチャンピオンとはどういった存在でしょうか。

清宮海斗「戦いとしてGHCを持っている選手というのは世界で最高峰じゃないといけないと選手として思っています。会場が一体になる、そんな試合ができる選手がチャンピオン像として自分の中にありますね」

——拳王選手は清宮選手をどう思っていると感じていますか。

清宮海斗「物足りなさみたいなのは感じてたんじゃないかなとは思っています。頑張ってるだとかそういう言葉を向こうから言われたので。拳王自身も僕に対して物足りないというのは感じているんではないかと思いましたね」

——清宮選手は拳王選手のことをどう思っていらっしゃいますか。

清宮海斗「全く好きじゃないですよ」

——拳王選手との年齢差についてはどう思いますか。

清宮海斗「全く思わないかな。それを感じさせない選手だし。本当に年齢というのはプロレス業界全く関係ない。むしろ上乗せしてリング上でもっと味が出てくるとか、いろんなものがプラスされていくので。試合に関してはそういうものは関係ないと思っています。拳王と何度も色んな所で当たってきて、自分のターニングポイントになる試合がいくつもあって。もうでもここで引き離さなきゃなって。一気に俺がいかなきゃっていう気持ちです」

——グレート・ムタvs SHINSUKE NAKAMURAの試合を超えるためには何が必要だとお考えでしょうか。

清宮海斗「本当に難しいですよね。でもやっぱり今に懸けるしかないんじゃないかって思うんですよ。命かけて本当にやるしかない。その後のこととか考えずに。今に全て懸けるしかないって思っているので。それで新しい刺激を作っていければ絶対に負けないと思っています」

——元日に丸KENタッグが再結成されることについてはいかがでしょうか。

清宮海斗「僕見ていたので。丸KENタッグ。ファンとして小さいころ見ていたので、ファンの気持ちになるとワクワクしますけど、プレイヤーとしてここは勝負だなって。今のノアを日本武道館に来た人には感じてもらう。本当に俺だけを観に来いという気持ちがあるので、お客さんアツくさせようという気持ちになるし、刺激は常にありますね」

——最後に挑戦者の拳王選手にメッセージをお願いいたします。

清宮海斗「今までお前と試合をしてきたけど、元日日本武道館、ここだけは俺は譲れないよ、お前に。このベルト、獲れるものなら獲ってみろ。日本武道館でノアをもっていくのは俺だよ。お前には絶対に負けない。俺がノアをもっていく」

◇こちらのインタビューはノア公式YouTubeにて全編公開されております。
ぜひ動画本編もご視聴下さい
・視聴ページ: https://youtu.be/AXfttnB-L-U

★12月19日(月)東京・後楽園ホール大会 
 ABEMAでのご視聴はこちら→https://abema.app/eZLR

【1.1日本武道館大会情報】
ABEMA presents NOAH “THE NEW YEAR” 2023
・日時:2023年1月1日(祝・日) 開始:16:00 / 開場:15:00
・会場:日本武道館

【既報対戦カード】

<GHCヘビー級選手権>
(王者)清宮海斗 VS 拳王(挑戦者)
※第41代王者の3度目の防衛戦となります。

<GHCタッグ選手権>
(王者)杉浦貴 小島聡 VS 丸藤正道 KENTA(挑戦者)
※第62代王者組の3度目の防衛戦となります。

<スペシャルシングルマッチ>
グレート・ムタ VS SHINSUKE NAKAMURA

<6人タッグマッチ>
船木誠勝 中嶋勝彦 征矢学 VS X 藤田和之 ケンドー・カシン

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加