【新日本】鈴木軍11年の歴史に幕!ラストにまさかのあの男が登場<12.23後楽園>

12月23日(金)に開催された新日本プロレスの後楽園ホール大会。そこで鈴木軍11年の歴史が終わった。

JRA有馬記念presents Road to TOKYO DOME
日時:2022年12月23日(金) 17:30開場 18:30開始
会場:東京・後楽園ホール
観衆:1,376人(札止め)

鈴木みのるは、今年12月14日の新日本プロレスの仙台サンプラザホールで鈴木軍の解散を宣言

宣言して10日あまりでの解散となったこの日。

この日のメインは“鈴木軍ファイナル”と銘打った、鈴木軍総出のラストマッチ。

鈴木みのる&ランス・アーチャー&エル・デスペラード&TAKAみちのくvsザック・セイバーJr.&タイチ&金丸義信&DOUKIの鈴木軍同士の8人タッグマッチが行われた。

普段では見られない顔合わせで鈴木軍のメンバー同士も激しくやり合った。

試合が中盤に差し掛かったところで鈴木は敵味方関係なく、無差別にストンピングをお見舞い。

この襲撃によって味方メンバーのTAKAとデスペラードからも一撃を喰らう。

鈴木はメンバーから総出の攻撃を噛み締めるように受け止めた。

最後はザックの放ったザックドライバーで試合に終止符を打った。

<試合結果>

▼8試合 30分1本勝負 鈴木軍ファイナル
TAKAみちのく
エル・デスペラード
ランス・アーチャー
鈴木 みのる ×
vs
DOUKI
金丸 義信
タイチ
ザック・セイバーJr. 〇
19分11秒  ザックドライバー→片エビ固め

試合後、鈴木軍メンバーがマイクを手に持ちそれぞれ思いを語った。

➡次ページへ続く

<写真提供:新日本プロレス>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

Pages 1 2