【ノア】WWEスーパースター中邑真輔がグレート・ムタとの対戦に向け帰国「いろんな感情が入り乱れている」

WWEのスーパースター中邑真輔がプロレスリング・ノアの1月1日開催する日本武道館大会で”魔界の住人”グレート・ムタとの対戦に向け28日帰国した。

中邑は到着早々に対戦についてインタビューに答えた。

ーー決戦まであと4日と迫っていますが、率直な日本に到着しての今のお気持ちを

SHINSUKE:そうですね、まあ最初で最後なんで。なんて言ったらいいんだろうな、その当日が来て欲しいような来て欲しくないような…まあ、ワクワクはしていますね。

ーーいま外にきましたけど、日本は寒いですか?

SHINSUKE:アメリカもね、いろんなところへ行ってて。ミネソタだったら-20℃だし、この前のニューヨークだと-10℃くらいで、昨日は-5℃くらいだったですね。だからそれに比べたらまだあったかいかな、と思ってますけど。

ーーだいぶ飛行機の出発が遅れたようですが… 向こうに寒波が来ていたんですか?

SHINSUKE:とりあえず寒波については、2日前くらいからウィンターストームも来ていたんで、3000便以上飛行機のディレイとか欠航便があったみたいですけど。ちょうど向こうの26日にMSGで試合があったんですけども、それも結構ギリギリで間に合った選手とかも多かったんで。自分は早めにNY入っていたんで大丈夫だったんですけど。

ーー日本に来る飛行機の中でどんなことをして過ごされていたんですか?

SHINSUKE:そうですね、普通に寝てましたね(笑)

ーー試合は4日後ですが、明後日30日に記者会見があります。そこでムタ選手の代理人の武藤選手が出席されて、お二人で出席されての生の記者会見を行うということになっています。会見の場で武藤選手とお会いになるのも久しぶりになるんだと思うのですけども、会見でもワクワクするのかどうなんでしょうか?

SHINSUKE:そうですね、こういった形で試合前に記者会見するとか、ものすごく久しぶりなんで、ワクワクはしていますね。ワクワクはしているのと、あと4日とは言いますけども、1日1日が元日の試合に向けて一歩一歩進むという感じで、楽しみですね。

ーー(ムタ戦が)大会のメインイベントになったことについてはどうですか?

SHINSUKE:まあ、それは光栄ですね。NOAHの武藤敬司に対するリスペクトなんじゃないですか?引退に向かう…まあ、自分としては、一度は武藤敬司の引退試合(の相手)として指名されたという部分で、非常に光栄に思っていますし、そこへのリスペクトはもちろんありますし。ただ自分としては、グレート・ムタと戦うという一点に集中していますので。それだけですかね。

ーー(来日便が)3時間遅れたことに不安とかありましたか?

SHINSUKE:特にないですね(笑)。まあ飛行機を降りなきゃ行けないとかでしたら、ちょっと大変ですけども。ディレイとか欠便とか結構あるんで、アメリカで。週2~3回飛行機に乗っていますんで、その辺はまあ慣れているかなと。

ーー先ほど「当日が来て欲しいような来て欲しくないような」というお話がありましたが、プレッシャーのようなものはありますか

SHINSUKE:そうですね、なんて言ったらいいんだろうな、まあこういう形で試合をするっていうことは今までにあり得なかったんで。特に日本で試合をするっていうことも、コロナもあったり、かつWWE以外の場所で試合ができるなんていうことも、まあ前例はあるにしてもね、それでもやっぱり特別なことなんで。同僚というかWWEのレスラーも「ついに行くんだね」という形で送り出してくれていますんで。まあ、プレッシャーというよりも、楽しみもあれば、ある種の不安もあれば、まあいろんな感情が入り乱れているなと思いますね。やっぱり飛行機の中にいても、例えば運転していても、一瞬よぎるんですよね、「どういう試合をしようかな」とか「グレート・ムタは何をしてくるんだろう」とか。NOAHさんとWWEが契約書を交わした瞬間から、日々の生活の中に入ってきますよね。まあ、それがついに、もうあとちょっとで来るのかと思うと感慨深いですね。

ーー日本ではWWEの試合以来3年ぶりだと思いますが、日本で試合をすることへ対する「昂り」はありますか

SHINSUKE:それはありますよ、もちろん。早く日本で試合したかったというのもありますしね。まあこういった形で、というのは、本当に何度も言っていますけど「ミラクル」だなと思いますよね。

ーー試合のために帰ってきたといういう思いを試合にぶつける?

SHINSUKE:それだけではないですけどもね。ああ、武藤敬司がついに、グレートムタがついにっていうね、自分の中ではこれが関わることが最後になってしまうのでね、リングの上で。それに関しては、いままでは何が武藤敬司だ、と、僕はそういう気持ちでプロレスラーとして言っていましたけど。やっぱりね、グレート・ムタは子供の頃のアイドルだったんで。それと引退試合というか、(試合が)できるのかという。どんな形であれ、どれだけ時間がたったとしても、そこに関してはもう、本当に全身全霊で自分が楽しむというか。できることなら、魔界があるなら連れてってくれよと思ってますけどね。

ーーあと、長州さんが会いたがってましたけど(笑)

SHISUKE:わかりました(笑)。長州さんに会う時間を頑張ってひねくり出したいと思います。

画像提供:NOAH

ABEMA presents NOAH “THE NEW YEAR” 2023
日時: 2023年01月01日(日)開始: 16:00 開場:15:00
会場: 日本武道館

対戦カード

第11試合 ダブルメインイベントII・スペシャルシングルマッチ
グレート・ムタ
vs
SHINSUKE NAKAMURA

第10試合 ダブルメインイベントI・GHCヘビー級選手権
〈王者〉清宮海斗
vs
〈挑戦者〉拳王
※第41代王者の3度目の防衛戦。

第9試合・GHCジュニアヘビー級タッグ選手権
〈王者組〉
YO-HEY
Kzy
vs
〈挑戦者組〉
小川良成
Eita
※第54代王者組の初防衛戦。

第8試合・GHCタッグ選手権
〈王者組〉
杉浦貴
小島聡
vs
〈挑戦者組〉
丸藤正道
KENTA
※第62代王者組の3度目の防衛戦。

第7試合・GHCジュニアヘビー級選手権
〈王者〉AMAKUSA
vs
〈挑戦者〉宮脇純太
※第52代王者の初防衛戦。

第6試合・シングルマッチ
ティモシー・サッチャー
vs
ジャック・モリス

第5試合・8人タッグマッチ
船木誠勝
中嶋勝彦
征矢学
大原はじめ
vs
X
藤田和之
ケンドー・カシン
NOSAWA論外

第4試合・6人タッグマッチ
イホ・デ・ドクトル・ワグナーJr.
小峠篤司
吉岡世起
vs
望月マサアキ
望月ススム
望月ジュニア

第3試合・6人タッグマッチ
ニンジャ・マック
ダンテ・レオン
アレハンドロ
vs
近藤修司
タダスケ
Hi69

第2試合・6人タッグマッチ
マサ北宮
稲葉大樹
稲村愛輝
vs
モハメド ヨネ
齋藤彰俊
谷口周平

第1試合・シングルマッチ
矢野安崇
vs
小澤大嗣

▼大会詳細は公式サイトにて
https://www.noah.co.jp/schedule/362/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加