【DDT】バーニングの遠藤&鼓太郎&岡田がKO-D6人タッグ王座戴冠!2023年1・29後楽園でフェロモンズが禁断の挑戦へ

 DDTプロレスが12月29日、TOKYO DOME CITY HALLで今年最後のビッグマッチ「NEVER MIND 2022」を開催。バーニングの遠藤哲哉、鈴木鼓太郎、岡田佑介組が土井成樹、大鷲透、平田一喜組を破ってKO-D6人タッグ王座を戴冠。2023年1月29日、東京・後楽園ホールでフェロモンズ(飯野“セクシー”雄貴、男色“ダンディ”ディーノ、竹田“シャイニングボール”光珠組)が挑戦することが決まった。

 11・12大阪大会で王座を奪取した土井組は初V戦となった。

 一進一退の攻防から、“不安材料”の平田が大奮闘。必殺の首固め連発で、遠藤をあと一歩のところまで追い込んだ。

 しかし、冷静に対処した遠藤は旋回式トーチャーラックボムを一閃。これをカウント2で平田に返されると、バーニングスター・プレスを鮮やかに決めて3カウントを奪い、バーニングは一発で王座を手にした。

 ここで、フェロモンズが現れ、ディーノが「我々は解散をクリアしたんだよ。そうなると、2023年、やることはただ一つ。ベルトを獲る。テメエらにはその第一歩目になってもらう」と挑戦アピール。

 遠藤は「DDTにいる以上、避けては通れないだろ。なあ岡田!」、岡田は「今獲ったばっかで、フェロモンズ? オマエらの討伐やってやろうやんけ。ねぇ鼓太郎さん!」、鼓太郎は「そこまで言われたらやるしかない…」とそれぞれ認めたくない様子だったが、遠藤が「オマエらを迎え撃ってやる」と受諾した。

 バックステージで遠藤が「(鼓太郎に)DDTに上がる以上、避けて通れない道です」と言えば、鼓太郎は「いつかはやると思ったけど、早過ぎだよ。まだ3戦目。高鹿(佑也)じゃダメ?」、岡田は「ここで獲ったんですから。大きな波があるんです」と渋々感が満載だった。

 また、第3試合では「フェロモンズvs“都&区”フェロモンズ討伐連合軍~解散&愛犬コントラ一日体験入店」として、飯野、ディーノ、今成“ファンタスティック”夢人、竹田組VS彰人、西村修(文京区議)、川松真一朗(東京都議)、勝俣瞬馬組が激突。

 政治の力で何とかフェロモンズを倒したかった西村、川松だったが、お下劣殺法のえじきに。ラガーマンの川松は、飯野を更生させようとするも聞く耳持たず。

 レフェリー不在の隙にディーノが西村、川松にリップロック。そしてフェロモン大放屁をぶっ放す。飯野は勝俣にスピアを見舞うとフェロモン大放屁から、バドンカドンクを決めて3カウントを奪取。

 フェロモンズは解散を回避し、敗れた勝俣は“1日体験入店”をしなければならなくなった。

 なお、第1試合では春の米国興行(3・30&31、ハリウッド)参戦を訴える正田壮史が、高木三四郎と一騎打ち。打撃で果敢に攻め立てた正田だが、高木がテキサス・クローバー・ホールドで勝利。試合後、高木は若手選手によるリーグ戦「D GENERATIONS CUP」の開催を発表。優勝者がハリウッド大会への参戦資格を得る。この日、来年1・13新宿FACEでの復帰を発表した中村圭吾も出場メンバーにラインナップされるもようだ。

【大会名】NEVER MIND 2022
【日時】2022年12月29日(木)
【会場】東京・TOKYO DOME CITY HALL
【観衆】1,207人(超満員)

▼第一ダークマッチ 10分一本勝負
○岡谷英樹&小嶋斗偉 vs 高鹿佑也&須見和馬●
9分32秒 片エビ固め
※ダイビング・ニードロップ

▼第二ダークマッチ 10分一本勝負
藤田ミノル&MJポー&○KANON vs 高梨将弘&アントーニオ本多●&高尾蒼馬
9分31秒 コブラツイスト

▼オープニングマッチ 30分一本勝負
○高木三四郎 vs 正田壮史●
4分42秒 テキサス・クローバー・ホールド

▼第二試合 30分一本勝負
○HARASHIMA&坂口征夫 vs 火野裕士&石田有輝●
10分8秒 体固め
※蒼魔刀

▼第三試合 フェロモンズvs“都&区”フェロモンズ討伐連合軍~解散&愛犬コントラ一日体験入店 30分一本勝負
○飯野“セクシー”雄貴&男色“ダンディ”ディーノ&今成“ファンタスティック”夢人&竹田“シャイニングボール”光珠 vs 彰人&西村修&川松真一朗&勝俣瞬馬●
16分20秒 体固め
※バドンカドンク。勝俣のフェロモンズ一日体験入店が決定。

▼第四試合 スペシャルシングルマッチ 30分一本勝負
●青木真也 vs 橋本千紘○
8分21秒 オブライト

▼第五試合 スペシャルタッグマッチ 30分一本勝負
○赤井沙希&荒井優希 vs 安納サオリ&川畑梨瑚●
12分40秒 ケツァル・コアトル

▼第六試合 KO-D6人タッグ選手権試合 60分一本勝負
<王者組>土井成樹&大鷲透&●平田一喜 vs 遠藤哲哉○&鈴木鼓太郎&岡田佑介<挑戦者組>
12分25秒 エビ固め
※バーニングスター・プレス。土井組が初防衛に失敗、遠藤組が第49代王者組となる。

▼第七試合 DDT EXTREME選手権試合~ササダンゴ・マシン45歳、減量できなかったら即通常ルール!スペシャル 60分一本勝負
<王者>○秋山準 vs スーパー・ササダンゴ・マシン●<挑戦者>
2分30秒 体固め
※リストクラッチ式エクスプロイダー。第56代王者が初防衛に成功。
(注)トントンプロレス、トントン相撲は試合時間にカウントせず

▼第八試合 スペシャルタッグマッチ 30分一本勝負
竹下幸之介&○納谷幸男 vs 関本大介&RSP●
17分43秒 片エビ固め
※バックドロップ

▼セミファイナル インターナショナル4WAYマッチ 30分一本勝負
佐々木大輔 vs ●クリス・ブルックス vs MAO○ vs カーラ・ノワール
13分22秒 逆さ押さえ込み

▼メインイベント KO-D無差別級選手権試合 60分一本勝負
<王者>○樋口和貞 vs 上野勇希●<挑戦者>
27分57秒 体固め

〈写真提供:DDTプロレスリング〉

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加