【新日本】成田がザックを追い込むも一歩届かず!ザックがTV王座獲得しTMDK入り<1.4東京ドーム>

新日本プロレスは1月4日に東京ドームにて『アントニオ猪木追悼大会 WRESTLE KINGDOM 17 in 東京ドーム ~闘魂よ、永遠に~』を開催した。

『アントニオ猪木追悼大会 WRESTLE KINGDOM 17 in 東京ドーム ~闘魂よ、永遠に~』
日時:2023年1月4日(水) 14:45開場 17:00開始
会場:東京・東京ドーム
観衆:26,085人

第4試合では『NJPW WORLD認定TV王座決定トーナメント』決勝戦が行われ、ザック・セイバーJr. が腕ひしぎ十字固めで成田蓮を撃破しNJPW WORLD認定TV王者となった。

世代交代を叫ぶ成田がTV王座獲得目指してザックに襲い掛かる。

しかしザックは一瞬の腕ひしぎ十字固めで成田からギブアップを奪い、ついに新日本プロレスでのシングル王座初戴冠となった。

<試合結果>

▼第4試合 15分1本勝負
『NJPW WORLD認定TV王座決定トーナメント』決勝戦
成田 蓮 ×
vs
ザック・セイバーJr. 〇
10分32秒  腕ひしぎ十字固め

※ザックがNJPW WORLD認定TV王者となる

試合後、TMDKのマイキー・ニコルスとシェイン・ヘイストが登場しザックにTシャツを手渡す。

するとザックがTシャツを着用し、TMDK入りが決定した。

3人はプロレスリング・ノア時代から日本でのキャリアを積んで来た間柄であり、マイキーとシェインはザックの勝利を称えた。

➡次ページ(試合後バックステージコメント)へ続く

<写真提供:新日本プロレス>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

Pages 1 2