【新日本】内藤との前哨戦は海野が勝利も、試合後のデスティーノで海野をKO「内藤哲也をガッカリさせんなよ?カブロン!」

新日本プロレスは1月25日(水)、『THE NEW BEGINNING 』後楽園ホール大会を開催。

『THE NEW BEGINNING 』
日時:2023年1月25日(水) 17:30開場 18:30開始
会場:東京・後楽園ホール
観衆:670人

 

海野の再三のアピールにより決定した、2.4札幌での内藤との一騎打ち。その試合を前に、海野&本間、内藤&SANADAで前哨戦を行った。SANADAとの連携で、内藤が本間をジャックナイフ式エビ固めで3カウント。

 

しかし、3カウントの後に内藤は海野に低空ドロップキック。すかさず急所攻撃、デスティーノを海野にお見舞い。SANADAが3カウントを叩き、昨日の借りを返した。

 

<試合結果>
▼第7試合 30分1本勝負
海野 翔太
本間 朋晃 ×
vs
SANADA
内藤 哲也 〇
14分32秒  ジャックナイフ式エビ固め

■試合後バックステージコメント

内藤「今日は、ハッキリ見えたよ。大の字で倒れる海野翔太の姿がね。でも彼の自信に満ち溢れた表情、メチャクチャいいね。その自信に満ち溢れた状態で、俺の目の前に立ってくれよ。だって、2月4日は海野翔太のチャレンジマッチなんでしょ!? 2月4日、北海道立総合体育センターへご来場予定のお客様、そして、内藤哲也をガッカリさせんなよ?カブロン!」

※SANADAはノーコメント

 

※本間&海野はノーコメント

<写真提供:新日本プロレス>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加