【大仁田厚ファイナル】<本日開催>きっとあなたは涙する・・・10・31後楽園ホール・引退式

大仁田厚コメント:

『引退は1回、というのが定説ですが、俺は6度も引退し、今回は7度目の引退を迎えます。各方面、色々な方にご迷惑をおかけしまして誠に申し訳ございません。途中、ブランクや政治活動などがあったため、それらを差し引くと俺のプロレス人生は40年になります。

当初はFMWの思い出の地、川崎球場、今の富士通スタジアム川崎での引退を考えていましたが、アメフトのシーズン中のため交渉が難航し、断念。

2017年に入り10月の引退が少しずつ近づき、またアメリカでの電流爆破が決まったこともあり、デビュー当日のことやアメリカ遠征、最初の引退のことをよく思い返すようになった。

やっぱり俺の原点は後楽園ホール。

1974年に後楽園ホールでデビューして、左膝蓋骨骨折ののち、1985年に馬場さんに引退セレモニーをしてもらったのも後楽園ホール。

商業的にはキャパが引退戦向きじゃないかもしれない。

だけどそんなことはどうでもよくて、

プロレス人生の節目、いろんなことがあった後楽園ホールのリングで、現役を引退したいと強く思った。

9月9日大阪大会からファイナルシリーズを開始して、最後にたどり着くのは後楽園ホール。

大仁田厚は2017年10月31日、後楽園ホールで引退します。』

 

山口 義徳(プロレスTODAY総監督)
『プロレスTODAY』総監督。 その素顔は運営会社(株)リアルクロス代表取締役社長。 プロレスTODAYの企画・進行・管理を行い、会場ではカメラマンも兼務。 またプロレスとビジネスの融合を行い、会場でのクライアントとのタイアップも実施。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連記事