【WWE】アダム・コール、初代NXT北​米王座&NXTタッグ王座をW獲得

NXT北米王座6WAYラダー戦/ダスティ杯タッグトーナメント決勝戦

米国現地時間4月7日にルイジアナ州ニューオリンズで開催されたNXTテイクオーバー:ニューオリンズ」で、新設された初代NXT北米王座を賭けた6WAYラダー戦が行われた。

序盤、いきなりリコシェがトップロープから場外へシューティングスタープレスを繰り出すと、リング上ではベルベティーン・ドリームをフランケンシュタイナー、打点の高いドロップキックで圧倒して会場を魅了すると、今度はアダム・コールが5人連続のスーパーキックを決めて「アダム・コール・ベイベー」の決め台詞が飛び出した。

©2018 WWE, Inc. All Rights Reserved.

試合はラダーを使った激しい攻防を展開すると、終盤にはラダー3本を並べて6人全員で天井に吊るされたベルトを取り合うも、パワーに勝るサリバンが勝ち残ると、リコシェが場外からロープを使って飛び込んでサリバンをカット。

1人リングに残ったリコシェがベルトを掴むかと思われたが、最後はコールがラダーを倒してリコシェを排除するとベルトを掴んで勝利。

コールが初代NXT北米王者となった。

©2018 WWE, Inc. All Rights Reserved.

コールはさらにアンディスピューテッド・エラのカイル・オライリーとのタッグでNXTタッグ王座を決めるダスティ杯タッグトーナメント決勝戦にも出場。試合は波乱の展開を迎え、ピート・ダンがオライリー沈めてフォールすると、パートナーのロデリック・ストロングが突如裏切ってダンにエンド・オブ・ハートエイクを炸裂。

そして、ストロングがダウンしているオライリーをダンにかぶせて3カウント。

ストロングがアンディスピューテッド・エラ入りしてコール&オライリーがNXTタッグ王座を獲得。

コールは一夜にして2つのタイトルを手中にした。

©2018 WWE, Inc. All Rights Reserved.

この他、NXT王座戦ではアリスター・ブラックがアンドラデ“シエン”アルマスを破り、NXT女子王座戦ではシェイナ・ベイズラーがエンバー・ムーンに勝ち、それぞれ新チャンピオンが誕生した

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事