【プロレスリングZERO1】山本喧一選手とのトークショーや髙山善廣選手への募金活動等について大谷がコメント! 今後のチャリティープロレス情報!!

5月~6月もZERO1はチャリティ―プロレスが目白押し。これらの大会は主に大谷晋二郎率いるZERO1の福祉事業部門『一般社団法人あなたのレスラーズ』が主となって行うものだ(5・26青森大会を除く)。2005年より「子供のいじめ撲滅」を掲げてスタートしたこの福祉事業。今でこそ数々の団体でおこなっている「イジメ撲滅」だが、大谷はこんな想いを抱いている。
大谷「僕らの時代には『喧嘩しても相撲で決着つける!』とか、とことん話し合って、逆に仲良くなるとか、そんな時代だった。僕も『プロレスラーになりたい!』という夢だけで学生時代を生きてきたので『イジメ』とか考えたことがなかった。だからといって『俺達の時代は…』なんて言いたくなくて、実際に学校を周ったり、ホームステイをしたり、チャリティーイベントを行わさせていただきながら実際に教育の現場の人たちと話して色々と感じてきました」
大谷の言葉は重い。2011年の東日本大震災や、実際に被災した平成28年熊本地震以降、「被災地復興イベント」が追加された。今回、そのチャリティーイベントでも、現在リハビリ中の高山善廣選手の応援募金「TAKAYAMANIA」を広く募るという。
大谷「今、『高山選手の応援をしたい!』と、全国のファンの皆様から募金をいただいています。その中で、あるお客様から『チケットを買って、会場に入らないと募金が出来ないのかと思った』と言われました。高山選手のホームページや、沢山の店舗さんでも行って下さっています。僕らも今までのチャリティーイベントでも行ってきた。それならば『チャリティーイベントのような無料で、利害のないイベントでも事前に報告し、募ろう!』という事になり、高山さんサイドに確認して、了承を頂きました」
これを受け、ZERO1では今週以降のチャリティーイベントでも「TAKAYAMANIA」を行うことを決定。6・2石狩では、この想いに賛同した“UWF戦士”山本喧一と大谷晋二郎がトークバトルを行う。
大谷「山本選手とお会いするのは、新日本プロレス時代の『新日本vsUインター』以来だと思います。僕の記憶が確かなら、東京ドームと代々木第一で戦って1勝1敗のはず。山本選手もUインター時代を含めて今まで沢山の壁や山を越えてきたのではと思います。当時は感情剥き出し戦う相手だったので、ゆっくり語り合うのは初めてのような気がします。久しぶりに山本選手に会える事を心から楽しみにしています」
◆チャリティープロレス日程
5月12日(土)岡山
5月26日(土)青森
5月27日(日)弘前
5月30日(水)函館
6月 2日(土)石狩
6月23日(土)熊本

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事