【プロレスのある風景 Vol.22|榎本タイキ】

かつての「内藤少年」が憧れるプロレスラー内藤哲也

またまたプロレスのステータスが上がるようないい出来事がありました。NHK『プロフェッショナル 仕事の流儀』に内藤哲也選手が登場。

本当にこれはすごいことです。内藤選手の素顔を追いかけた映像は近年なかなか観られないのでとても興味深かった。

常に自分を子ども時代のプロレスファンであった「内藤少年」が観て喜んでくれるのかどうか、その視点で自身を客観視していることがすごいと感じました。

僕が最も近くで内藤選手に触れ合ったのは数年前の新日本プロレス3D MOVIE上映のゲストとして飯伏幸太選手と来られていたときのこと。

上映後入口でお見送りし握手をして下さいました。そのときの印象は本当に気の優しいお兄さん。

その姿もとても魅力的でしたが今はとてつもない高みの制御不能なカリスマとなりました。果たして次どこで触れ合えるか分からないほど。

もっともっと世間に届くよう色んなプロレスラーにこれからもスポットが当たればなと思います。本当に1本のドキュメントができるような魅力的な選手はまだまだたくさんいますからね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事