【プロレスのある風景 Vol.26|榎本タイキ】

【2018年最後のプロレスラーツーショット】

田中稔、ヒート

2018年もたくさんのプロレスを観ることができました。今年一番最後にお写真を撮って頂いた選手はヒート選手。

ノアの最終興行の12.24クリスマス大会で選手が仮装しながら闘うロイヤルランブルに登場しました。その正体は公表されている田中稔選手。

最近プロレスファンになった若い方はひょっとしたら知らない人も多いかもしれません。2002年にゲームボーイアドバンス用ソフト『闘魂ヒート』というゲームとタイアップして新日本プロレスに登場しました。

そのデビュー戦も僕は会場で観てましたし、マスクを取ってタッグパートナーだった金本浩二選手に反旗を翻したシーンも現場で観ています。この時代の新日本Jr.が僕は大好きだったので稔選手もヒートも大ファンなのです。

ヒートとして闘う場面も今はそうそうないと思うので写真を取って頂けたことが舞い上がるほど嬉しかったです。

今年もたくさんのプロレスラーに元気と感動と幸せを頂きました。そして今年の5月からプロレスTODAYさんにこのコラム『プロレスのある風景』を書く場所をご提供頂き楽しくやってまいりました。

本当に心から感謝しております。2019年もプロレスを応援しながら楽しく書いていこうと思っております。

皆さま、今年も本当にありがとうございました!また2019年もどうぞよろしくお願い致します!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事