【WWE】<レッスルマニア35>中邑&ルセフ、キンシャサ決めるも王座奪取を逃す

現地時間47日にニュージャージー州イーストラザフォードのメットライフ・スタジアムにて82265人の観客を集めてPPVレッスルマニア35」が開催された。

©2019 WWE, Inc. All Rights Reserved.

 

◆中邑&ルセフ、キンシャサ決めるも王座奪取を逃す

中邑真輔&ルセフがWWE年間最大の祭典PPVレッスルマニアでウーソズが持つスマックダウンタッグ王座に挑んだ!

フェイタル4ウェイ形式となったこの王座戦で中邑はルセフと連携してアリスター・ブラックの顔面にハイキックを決めると、ジミー・ウーソズにはスピンキックを決めて攻め込んだ。

中盤、ルセフがブラックのムーンサルトプレスでピンチとなると、カットに入った中邑は続けてヒザ攻撃からランニング・ニーをブラックに叩き込んだ

試合終盤には大技の攻防を繰り広げ、中邑がキンシャサをブラックに炸裂させるも、最後はウーソズがダブル・スーパーキックからダブル・サモアンスプラッシュでシェイマスから3カウント。

中邑&ルセフは善戦も王座奪取を逃し、ウーソズが王座防衛に成功した。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事