【WWE】戸澤とグラックの因縁はダブルピンフォールで決着付かず

©2019 WWE, Inc. All Rights Reserved.

現地時間6月11日、カリフォルニア州サクラメントのゴールデン1センターでスマックダウンが開催された。

戸澤陽がクルーザー級王座挑戦権をかけてドリュー・グラッグ、ウンベルト・カリーヨ、オニー・ローカンとのフェイタル4ウェイ戦に挑んだ。

王座挑戦権を獲得していた戸澤がグラックに敗戦したため、GM判断で行われることになったフェイタル4ウェイ戦は白熱の攻防を展開。試合序盤、負けられない戸澤はカリーヨとローカンを投げ飛ばすと、グラックには騙し討ちジャブから顔面にキックを食らわして攻撃。

さらに戸澤はグラックをフォールするローカンにダイビング・セントーン、続けてエプロンから走り込んだトペ・コンヒーロをグラックに放つと会場からは“205”チャントが巻き起こった。

しかし、試合終盤に戸澤はコーナートップの攻防でグラックにスーパープレックスを決められると、戸澤とグラックはなんと2人同時にピンフォール。レフェリーは3カウントしてゴングを鳴らすも、2人が勝利を主張して決着付かず。

PPV「ストンピング・グラウンズ」での王座挑戦をかけた戸澤とグラックの因縁はさらに激化した。

プロレスTODAY公式LINE@
友だち追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事