【WWE】特別ゲストレフェリーを襲撃したロリンズにコービンが報復

米国現地時間617日、カリフォルニア州ロサンゼルスのステイプルズ・センターにてロウが開催された。

◆特別ゲストレフェリーを襲撃したロリンズにコービンが報復

PPV「ストンピング・グラウンズ」を目前に王者セス・ロリンズが挑戦者のバロン・コービンが選んだ特別ゲストレフェリーを襲撃した。

ロリンズはロウ・オープニングにレフェリー姿で登場したアライアス、KOショーではレフェリーとして紹介されたEC3、ックステージではエリック・ヤングとコービンが依頼した特別ゲストレフェリー達を次々とパイプ椅子で襲撃して就任を妨害。

©2019 WWE, Inc. All Rights Reserved.

特別ゲストレフェリーが決まらぬままロリンズがメイン戦でブライアンと対戦すると、ロリンズはブライアンのアンクルロックやイエスロックに捕まって苦戦しながらも、最後は延髄斬りからカーブストンプでブライアンを沈めて勝利を収めた。

しかし、試合後にロリンズは突如コービンにパイプ椅子で襲撃されてダメージを負うと、エンド・オブ・デイを食らってダウン。報復に成功したコービンはユニバーサル王座のベルトを掲げながら倒れ込んだロリンズを見下した。

©2019 WWE, Inc. All Rights Reserved.

果たして特別ゲストレフェリーは誰になるのか?そして“Mr. MITB”ブロック・レスナーのキャッシュイン(権利行使)はあるのか?PPV「ストンピング・グラウンズ」は日本時間624日にWWEネットワーク(日本語実況版有り)でライブ配信される

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事