【WWE】再結成した“ザ・クラブ”がリコシェを襲撃

米国現地時間7月1日、テキサス州ダラスのアメリカン・エアライン・センターにてロウが開催された。

◆再結成した“ザ・クラブ”がリコシェを襲撃

“フェノメナール・ワン”AJスタイルズと“ハイフライヤー”リコシェがUS王座戦で激突した。

この日のバックステージではルーク・ギャローズ&カール・アンダーソンが「リコシェがAJに勝てると言っていた」と告げ口したことでAJスタイルズとリコシェの遺恨が激化。

メイン戦で2人が激突すると、AJスタイルズがフェノメナール・フォアアームでリコシェを沈めて王座奪取したかに思われたが、これがレフェリーのミスジャッジ。

再び試合がスタートすると、リコシェが延髄斬り、AJスタイルズもフェノメナール・フォアアームからブレンバスターで攻め込んで白熱の攻防を展開するも、最後はリコシェがAJスタイルズを丸め込んでUS王座防衛に成功した。

試合後握手を交わす両者だったが、ギャローズ&アンダーソンが「本当のAJはどこへ行った?」と煽るとAJスタイルズがリコシェを襲撃。

©2019 WWE, Inc. All Rights Reserved.

ギャローズ&アンダーソンも加わってマジックキラーを炸裂させると、最後はブーイングの中、AJスタイルズがセカンドロープからスタイルズクラッシュを炸裂させてリコシェをKO

ザ・クラブの3はリコシェを見下しながら、“トゥー・スィート”ポーズを掲げて存在をアピールした。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事